VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

フィンランドのONDINEから リンドベルイ:光陰矢の如し、ヴァイオリン協奏曲第2番 ハンヌ・リントゥ、フランク・ペーター・ツィンマーマン

Tempus Fugit/Violin Conce

Lindberg: Tempus fugit, Violin Concerto No. 2 - Zimmermann / Lintu

 
フィンランドの現代作曲家マグヌス・リンドベルイの最新作。アルバムに収録された2つの作品はどちらも世界初録音であり、リンドベルイの生誕60年を記念して製作されています。
 ヴァイオリン協奏曲は、リンドベルイがロンドン・フィルハーモニー管弦楽団のコンポーザー・イン・レジデンスを務めていた時の作品で、初演者であるフランク・ペーター・ツィンマーマンに捧げられています。豊かなオーケストラの響きと呼応する輝かしいヴァイオリンの旋律には、ロマンティックで懐古的な雰囲気も感じさせる、リンドベルイ後期のスタイルが集約されています。
 『Tempus fugit』はラテン語で“時は飛ぶようにすぎる”という意味の言葉。日本語で言えば「光陰矢の如し」となるでしょう。2017年、フィンランド独立記念コンサートのための委嘱作品ですが、彼はあえて伝統的な作品を書くのではなく、1980年代にコンピューター言語を用いて作曲した最初のオーケストラ作品『FORCE』と同じ手法による『Tempus fugit』を書き上げました。こちらは印象派風の響きと輝くような旋律を持つ30分程度の作品で、初演者ハンヌ・リントゥに捧げられています。(輸入元情報)
 
リンドベルイ:
1. Tempus fugit(光陰矢の如し)(2016-2017)
2. ヴァイオリン協奏曲第2番 (2015)

 フランク・ペーター・ツィンマーマン(ヴァイオリン:2)
 フィンランド放送交響楽団
 ハンヌ・リントゥ(指揮)

 録音時期:2017年12月7,8日(1)、2017年1月20,21日(2)
 録音場所:ヘルシンキ・ミュージック・センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid


Tempus fugit: Pt. 1


Violin Concerto No. 2: I. —