VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

エソテリックからアバド&ベルリンフィルのブラームス:交響曲全集3枚組SACD

f:id:VIVASACD:20191122154829j:plain

ブラームス交響曲全集 他

先日カール・ベームカルロス・クライバーのリリース情報をアップしたばかりのエソテリックですが
その10日後にアバド&ベルリンフィルブラームスSACD HYBRID3枚組が出ます。なんという消費者泣かせでしょうか・・嬉し涙と散財の涙・・
 
 DISC 1 交響曲 第 1 番 ハ短調 作品 68 [1] 第 1 楽章:ウン・ポコ・ソステヌート~アレグロ [2] 第 2 楽章:アンダンテ・ソステヌート [3] 第 3 楽章:ウン・ポコ・アレグレット・エ・グラツィオーソ [4] 第 4 楽章:アダージョ~ピウ・アンダンテ~アレグロ・ノン・トロッポ、マ・コン・ブリオ [5] 大学祝典序曲 作品 80 [6] 悲劇的序曲 作品 81 
DISC 2 交響曲 第 2 番 ニ長調 作品 73 [1] 第 1 楽章:アレグロ・ノン・トロッポ [2] 第 2 楽章:アダージョ・ノン・トロッポ~リステッソ・テンポ、マ・グラツィオーソ [3] 第 3 楽章:アレグレット・グラツィオーソ(クワジ・アンダンティーノ)~プレスト・マ・ノン・アッサイ~テンポ・プリモ [4] 第 4 楽章:アレグロ・コン・スピーリト ハイドンの主題による変奏曲 作品 56a [5] 聖アントニーのコラール(アンダンテ) [6] 第 1 変奏(ポコ・ピウ・アニマート) [7] 第 2 変奏(ピウ・ヴィヴァーチェ) [8] 第 3 変奏(コン・モート) [9] 第 4 変奏(アンダンテ・コン・モート) [10] 第 5 変奏(ヴィヴァーチェ) [11] 第 6 変奏(ヴィヴァーチェ) [12] 第 7 変奏(グラツィオーソ) [13] 第 8 変奏(プレスト・ノン・トロッポ) [14] フィナーレ(アンダンテ)
DISC 3 交響曲 第 3 番 へ長調 作品 90 [1] 第 1 楽章:アレグロ・コン・ブリオ [2] 第 2 楽章:アンダンテ [3] 第 3 楽章:ポコ・アレグレット [4] 第 4 楽章:アレグロ
 交響曲 第 4 番 ホ短調 作品 98 [5] 第 1 楽章:アレグロ・ノン・トロッポ [6] 第 2 楽章:アンダンテ・モデラート [7] 第 3 楽章:アレグロ・ジョコーソ [8] 第 4 楽章:アレグロ・エネルジーコ・エ・パッシオナート~ピウ・アレグロ 
 
[録音] 1987 年 9 月(大学祝典序曲)、1988 年9 月(交響曲第 2 番)、1989 年 9 月(交響曲第 3 番、悲劇的序曲)、 1990年 9 月(交響曲第 1 番)、1990 年 11 月(ハイドン変奏曲)、ベルリン、フィルハーモニー、1991 年9 月、ベルリン、 シャウシュピールハウス [初出]  大学祝典序曲 423 617-2(1989 年) 交響曲第 2 番 427 643-2(1989 年) 交響曲第 3 番、悲劇的序曲 429765-2 (1990 年) 交響曲第 1 番 431 790-2 (1991 年) 交響曲第 4 番、ハイドン変奏曲 435 349-2(1992 年) [日本盤初出] 大学祝典序曲 F32G20314 (1989 年 2 月 25 日) 交響曲第 2 番 F00G20477 (1990 年 2 月 25 日) 交響曲第 3 番、悲劇的序曲 POCG1059 (1990 年 12 月 21 日)  交響曲第 1 番 POCG1475 (1991 年 12 月 21 日) 交響曲第 4 番、ハイドン変奏曲 POCG1476 (1991 年 12 月 21 日)
 
[オリジナル・レコーディング] [エクゼクティヴ・プロデューサー] クリストファー・オールダー(交響曲第1番・第3番・第4番、ハイドン変奏曲、大学祝典 序曲)、ギュンター・ブレースト(交響曲第 2 番)、ギュンター・ブレースト/スティーヴン・ポール博士(悲劇的序曲) [レコーディング・プロデューサー] クリストファー・オールダー [バランス・エンジニア] ギュンター・ヘルマンス(交響曲第 2 番・第 3 番、大学祝典序曲)、クラウス・ヒーマン(ハイドン変 奏曲、交響曲第 1 番・第 4 番)、ヴォルフガング・ミットレーナー(悲劇的序曲)
 
Super Audio CD プロデューサー] 大間知基彰(エソテリック株式会社) [Super Audio CD リマスタリング・エンジニア] 杉本一家(JVC マスタリングセンター(代官山スタジオ)) [Super Audio CD オーサリング] 藤田厚夫(有限会社エフ) [解説] 諸石幸生 門馬直美 [企画・販売] エソテリック株式会社 [企画・協力] 東京電化株式会社