VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ブーレーズのバルトーク:管弦楽のための協奏曲&中国の不思議な役人がSACDハイブリッド化 4チャンネル・ステレオ(QUADRAPHONIC)

f:id:VIVASACD:20191127084830j:plain

バルトーク管弦楽のための協奏曲、バレエ「中国の不思議な役人
ピエール・ブーレーズ ニューヨーク・フィルハーモニック ヒュー・ロス スコラ・カントルム合唱団
英ダットン(Dutton Vocalion)は1997年に設立されたレーベルです。クラシックやイージーリスニングの歴史的名盤を聴きやすい音質で続々とCD化し、オールドファンの注目を浴びました。近年は1970年前後のLPレコード時代の4チャンネル・ステレオ(QUADRAPHONIC)のSACDハイブリッド化に力を入れており、イージーリスニングのタイトルで実績を残したあと、2017年2月よりクラシックの名盤のSACDハイブリッド化に取り組みました。ブリーム(ギター)、ビッグズ(オルガン)、ズーカーマン(ヴァイオリン)、ルービンシュタイン(ピアノ)、ストコフスキーバーンスタインレヴァイン(指揮)など、13タイトルがリリースされ好評を得ました。2018年12月、新たに1タイトルが加わることとなりました。

ピエール・ブーレーズが1972年に当時の4チャンネル・ステレオの音場を積極的に活用して録音したバルトークの《管弦楽のための協奏曲》です。リスニングルームの聴き手を取り囲むオーケストラの配置は、そのままLPレコードのジャケット・デザインとなり、それは今回のSACDにも踏襲されています。ボーナス・トラックには、同じバルトーク作曲の《中国の不思議な役人》がカップリングされています。こちらは1971年の録音で、やはり4チャンネル・ステレオでもリリースされたものです。LPレコード時代に一世を風靡した4チャンネル・ステレオ録音の音場を、ぜひSACDのマルチチャンネルでご体感ください!
(タワーレコード 商品本部 板倉重雄)

【曲目】
バルトーク
(1)管弦楽のための協奏曲 Sz.116
(2)バレエ「中国の不思議な役人」全曲 Sz.73

【演奏】
ピエール・ブーレーズ指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック
(2)ヒュー・ロス指揮スコラ・カントルム合唱団

【録音】
(1)1972・12・18 マンハッタン・センター、(2)1971・5・11 フィルハーモニック・ホール、以上ニューヨーク

【オリジナルLP】
(1)米Columbia M32132 (1973) STEREO / MQ32132 QUADRAPHONIC
(2)米Columbia M31368 (1972) STEREO / MQ31368 QUADRAPHONIC
シングルレイヤー表記ですが、全てHYBRIDです