VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

キリーヌ・フィールセン8年ぶり2度目のバッハ無伴奏チェロ組曲全曲録音

 
キリーヌ・フィールセン

 

 
オランダの女流チェリスト、キリーヌ・フィールセンの2度目のバッハ:無伴奏チェロ組曲
前回は2010年にGLOBEレーベルからSACD HYBRIDでのリリースでしたが、今回はBarcaNovaレーベルから2枚目のアルバムで嬉しいSACD HYBRID!BarcaNova17年末にカメラータRCOゴルトベルク変奏曲がリリースされましたが、1年1枚のペースですね。新興レーベルゆえタワーレコードではまだ取り扱いがされてませんが、Amazonではアップされてます。カメラータRCOの例だとタワレコでは数か月遅れでの取り扱いかなと思います。
録音はCHALLENGE RECORDSでお馴染みBert van der Wolf。DSDかDXDでの録音でしょう。
8年間、出産、子育て等の経験し、演奏活動もままならない中でこそ得たチェロへの愛着、バッハへの想いがどのように演奏に現れているのか、興味深いです
 
タワーレコードで取り扱いが始まった際には再び取り上げようと思います。
 

 

 
 
Recorded at, Koepelkerk, Renswoude, The Netherlands Recording dates, 5-7 March & 9-11 April 2018
Producer, Hubert Koekenberg 
Recording producer, Bert van der Wolf
Balance engineer and recording engineer, Bert van der Wolf 
Project coordinator, Elsa Hänsli

キリーヌ・フィールセン1度目のバッハ:無伴奏チェロ組曲

Complete Suites for Cello So

 


BarcaNovaレーベル第1弾アルバム

CAMERATA RCO/BACH GOLDVERG VARIATIONS STRING TRIO

カメラータRCO

 



既に入手困難な物からもうじき入手困難になりそうな物ばかりなので、気になる方はお早めに・・
 
 

イメージ 4ピエール・フルニエ(*シングルレイヤー)

 

イメージ 6リチャード・タニクリフ
 

 
イメージ 7アンドレ・ナヴァラ
 

イメージ 8マット・ハイモヴィッツ
 

イメージ 9マーティン・オステルターグ
 

 
イメージ 10ロッコ・フィリッピーニ
 

イメージ 11ガブリエル・リプキン
 

イメージ 15エンリコ・マイナルディ
 

イメージ 12ペトリト・チェク(ギター版)
 

イメージ 13寺神戸亮ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ版)
 

イメージ 14ラーフ・ヘッケマ(サックス版)