VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ステレオサウンド社「オーディオ名盤コレクション《クラシック篇》」シゲティのブラームス、ブリテンのモーツァルト

ステレオサウンド怒涛のSACDラッシュが止まりません。評判も上々の様で、どんどんお願いしたい!ところですが、限定盤なのもありますのでもう少し間隔があると・・予算が・・(苦笑)
今回はクラシック2作品。クラシック・シリーズはSACDシングルレイヤーと通常CDの2枚組です
 
ステレオサウンド社が〈シングルレイヤーSACD+CD〉という仕様で、クラシックの名演・名録音を本国のアナログマスターテープからのフラットトランスファーによってデジタルディスク化している「オーディオ名盤コレクション《クラシック篇》」。2018年秋よりスタートした第2期(全8タイトルのリリース)もいよいよ完結です。第4弾となる今回はマーキュリー・レコーズとデッカ・レコーズの作品が1タイトルずつのライナップとなります。

 

f:id:VIVASACD:20191119162324j:plain

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
ヨーゼフ・シゲティ ロンドン交響楽団 ハーバート・メンゲス
 
ヨハネス・ブラームス
Johannes Brahms (1833-1897)

ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
Violin Concerto in D major, Op. 77

ヨーゼフ・シゲティ(ヴァイオリン)
Joseph Szigeti, Violin

ロンドン交響楽団
London Symphony Orchestra

指揮:ハーバート・メンゲス
Conducted by Herbert Menges

録音:1959年6月26~28日ロンドン郊外、ワトフォード・タウン・ホール
Recording: Watford Town Hall, outside London, 26-28 June 1959
Basic Recording Setup: Wilma Cozart, C. Robert Fine
Recording Director: Harold Lawrence
Engineer: Robert Eberenz


■ディスク形態:SACD(シングルレイヤー)+CD・2枚組※
■音匠レーベルコート採用
ステレオサウンド独占販売品(一部のオーディオショップを除く)

 
 

f:id:VIVASACD:20191119162341j:plain

モーツァルト交響曲第25番、29番
 
ヴォルフガング・アマデウスモーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

交響曲 第25番 ト短調 K.183
Symphony No. 25 in G minor, K. 183

交響曲 第29番 イ長調 K.201
Symphony No. 29 in A major, K. 201

ヨーロッパ室内管弦楽団
English Chamber Orchestra

指揮:ベンジャミン・ブリテン
Conducted by Benjamin Britten

録音:1971年2月28日[K. 201] & 9月29日[K. 183]
   サフォーク州、スネイプ、モルティングス
Recording: The Maltings, Snape, Suolk,
      28 February 1971 [K. 201] & 29 September 1971 [K. 183]
Recording Producers: Ray Minshull [K. 183]; David Harvey [K. 201]
Balance Engineer: Kenneth Wilkinson


■ディスク形態:SACD(シングルレイヤー)+CD・2枚組※
■音匠レーベルコート採用
ステレオサウンド独占販売品(一部のオーディオショップを除く)

アナログテープからのデジタル化を担当したのは、デッカ出身でClassic Sound Ltd UKに所属するエンジニアのジョナサン・ストークス氏とニール・ハッチンソン氏です。この2人のベテランエンジニアがステレオサウンド社からのリクエストにより、アナログマスターテープから、コンプレッサー等の使用を排したフラットトランスファーによって、デジタル化を行なっています。そのためマスターテープに含まれるヒスノイズやドロップアウトは残ったままですが、限られた関係者のみが聴くことの許されたマスターテープの音をできるかぎり忠実に2種類(SACDとCD)のデジタルディスクに封じ込めています。

イメージ 3