VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

購入予定&気になるSACD

2019年も出来るだけ新譜を中心い購入していこうと考えております。これからリリースされるアルバムからピックアップ

まずは既に注文済の

イメージ 1 J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲(ヴァイオリン版)
レイチェル・ポッジャー

ギターやサックス版等は有りますが、意外にもヴァイオリン版は世界初録音。これは迷い無し

イメージ 2 COMME DES GARCONS SEIGEN ONO

音の魔術師、セイゲン・オノの87年作。セイゲン作品SACDは驚異的な音質と、私にとって未知の刺激的な音楽ですので、これは買いです

続いて購入予定~気になるSACD

イメージ 3 ブルグミュラー、シュンケ、フンメル:ピアノ・ソナタ作品集
ハイディ・ツァイ

ベートーヴェンからシューマンの同時代、またその間の時代に活躍した、けれど知名度や演奏機会が大きく劣る3人の作曲家を取り上げた作品。フォルテピアノでの演奏。録音はb-sharp。こういうのは多分良い予感

イメージ 4 ヨエル・ボンス「遊牧の民」
ジャン=ギアン・ケラス 他

ケラスのチェロを主人公に、様々な土地、バックグラウンドを持つ18人の音楽家と出会い、対話するという旅の物語。日本の笙、尺八も登場するなど、世界の民族楽器がチェロと繰り広げる対話。興味深いです

イメージ 5 シューベルト交響曲第1番、第8(7)番「未完成」
レミ・バロー クラングコレクティフ・ウィーン

とても気になるアルバム。演奏、録音共にどんなものか・・

イメージ 6 J.S.バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティー
ヤッコ・クーシスト

フィンランドのヤッコ・クーシストによる、名器ゴフリラー・ヴァイオリンでの演奏。演奏・録音、そしてゴフリラーの音色に興味津々

イメージ 7 マーラー交響曲第6番「悲劇的」

イヴァン・フィッシャー ブダペスト祝祭管弦楽団

やはりパーヴォ・ヤルヴィとイヴァン・フィッシャーのマーラーは気になります

イメージ 9 サン・サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」
カレル・ヴァルター カプリッチョバロック・オーケストラ

これも「隠れた名盤」的な雰囲気。たぶん


イメージ 10 「テスタメント」私の愛する音楽 ハイドンからプロコフィエフ

気になるけど高いので迷いどこ・・それほどアファナシエフが好きというわけでもないし・・とりあえず試聴が出来るようになってから、ですね。