VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

1725年製チェロ(クロード・ピエレー)と1862年製エラール・ピアノで奏でるメンデルスゾーン

Piano & Cello Works

メンデルスゾーン:ピアノとチェロのための作品集

グアダルーペ・ロペス=イニゲス オルガ・アンドリュシチェンコ
 
 
スペイン出身で現在はフィンランドで活躍するバロック・チェロ奏者、イニゲスの2作目。前作の
イメージ 2ガブリエッリ、スカルラッティ:チェロのための作品全集
 
がとても良く、2018年ベスト15にも選ばさせて頂きました。今回はロシアのピアニスト、アンドリュシチェンコとのメンデルスゾーン。とても好きな作品なので楽しみです(予約済み)。価格も安いのが嬉しい♪
 
 
ヘルシンキ芸術大学シベリウス・アカデミーを拠点に活動するスペインのチェリストグアダルーペ・ロペス=イニゲス[1983-]は、バロック・チェロによる『ガブリエッリ、スカルラッティ チェロのための作品全集』でアルバム・デビュー。作品の要素を深く掘り下げた演奏が高く評価されました。好評を受けて制作された第2作アルバムでは、前作と同じクロード・ピエレーが1725年に製作したチェロでロマンティックな音楽、メンデルスゾーンの作品を演奏しています。
 共演者のオルガ・アンドリュシュチェンコ[1978-]はモスクワ生まれ。モスクワ音楽院を卒業後、ケルンの音楽大学でアルボ・ヴァルドマ、ハノーファー音楽大学でヴラディーミル・クライネフに学び、ドイツを本拠に活動しています。豊かで温かい雰囲気を求め、バロック・チェロと調和する響きの1862年製作のエラール・ピアノが録音に使われました。カウニアイネン市のホール「ニュー・パヴィリオン」での録音。(輸入元情報)

【収録情報】
メンデルスゾーン
● チェロ・ソナタ第2番ニ長調 Op.58-2, MWV Q32 (1843)
● 協奏的変奏曲 Op.17, MWV Q19 (1829)
● アルバムのページ ロ短調 MWV Q25 (1835)
● チェロ・ソナタ第1番変ロ長調 Op.58-1, MWV Q27 (1838)
● 無言歌 ニ長調 Op.109, MWV Q34 (1845)

 グアダルーペ・ロペス=イニゲス(チェロ/Claude Pieray, Paris 1725)
 オルガ・アンドリュシュチェンコ(ピアノ/Erard, Paris 1862)

 録音時期:2018年8月16,17日、9月1,2日
 録音場所:フィンランド、カウニアイネン、ニュー・パヴィリオン
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 制作・録音:ミッコ・ムルトニエミ
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND