VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

廉価版で復活!クイケン&ラ・プティット・バンドの名盤J.S.バッハ“クリスマス・オラトリオ”

WEIHNACHTSORAT(SACD)

J.S.バッハ:クリスマス・オラトリオ

 
しばらく廃盤となっていたクイケンのクリスマス・オラトリオ(CC-72394)が廉価になってお求めやすく再発売!クイケンの名盤を再び流通出来ることとなりました。もちろんSACDハイブリッドの音質もそのままです。

声、楽器とも、各パート一人の演奏です。クイケンは、バッハによる明確な「チェロ」という指定がない限り(そしてその指定が明確なことは稀)、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラを用いますが、このクリスマス・オラトリオの録音でも、スパッラを採用。
また、通奏低音群であるバス・ド・ヴィオロンも、ほとんどチェロのような楽器ですが、実際にはチェロより少し大きめのサイズのもので、響きも実際違います。こうしたこだわりも、各パート一人だと、各声部がよりくっきりと響くことにより、それぞれの音色を感じ取ることができます。

声楽パートも各声部一人で演奏することにより、テキストがより明確に、ダイレクトに響いてくるよう。規模の大きな管弦楽で聴く、祝祭感の強い演奏もよいものですが、ここで聴くような、各パート一人による演奏を聴くと、各パートの音色やテキストはもちろんのこと、クリスマスの神聖さ、クリスマスの喜ばしさ、といったひとつひとつの要素すべてが、より濃さを増して伝わってきます。
チャレンジ・クラシックスならではの優秀録音も魅力。
(キングインターナショナル)
【曲目】
J.S.バッハ:クリスマス・オラトリオ BWV248
【演奏】
シギスヴァルト・クイケン(指揮、ヴァイオリンⅠ)
ラ・プティット・バンド
イム・スンヘ(ソプラノ)
ペトラ・ノスカイオヴァ(メゾ・ソプラノ)
ステファン・シェルペ(テノール
ヤン・ファン・デア・クラッベン(バリトン

ラ・プティット・バンド
イン・キム(ヴァイオリンⅠ)
サラ・クイケン(ヴァイオリンⅡ、エコー(第4 部第4 曲)
バーバラ・コンラート(ヴァイオリンⅡ)
マルレーン・ティアース(ヴィオラ
ロナン・ケルノア(バス・ド・ヴィオロン
赤津真言ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ)
アンネ・プストラウク(トラヴェルソⅠ)
シーン・ヒュイブレヒツ(トラヴェルソⅡ)
ヴィンチアーネ・ボードゥイン(オーボエオーボエ・ダモーレ、オーボエ・ダ・カッチャ/ 1,2,3,5,6 部)
オフェール・フレンケル(オーボエオーボエ・ダモーレ、オーボエ・ダ・カッチャ/ 2,5 部)
カタルチナ・ソコロフスカ(オーボエオーボエ・ダモーレ/ 2,3,4,6 部)
マシュー・ルー(オーボエオーボエ・ダモーレ/ 1,2,4 部)
ライナー・ヨハンセン(ファゴット
ジャン=フランソワ・マドゥフ(ホルンⅠ、トランペットⅠ)
ピエール=イヴ・マドゥフ(ホルンⅡ、トランペットⅡ)
グラハム・ニコルソン(トランペットⅢ)
コーエン・プレティンク(ティンパニ
ベンヤミン・アラール(オルガン)

実に嬉しい再販です!
実は超絶名盤の
 
 
もどうも品薄、入手困難になりつつある様子ですので、是非ともこちらも再販して貰えないか・・私が前澤社長なら100名様プレゼント、かつ財政難にあえぐクイケンに1億円をポーンとあげたい。。「ブランデンブルク協奏曲」も素晴らしい名盤なのに、現在高騰してますし・・どうにかして下さい
 
クイケンヴィオロンチェロ・ダ・スパッラを用いての録音は名盤揃いですので、是非とも聴いて頂きたい。