VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

俊英ヴァイオリニスト、イルンベルガーのエルガー:ヴァイオリン協奏曲、ヴァイオリン・ソナタ

Violinkonzert 61 / Violinsonate 82

エルガー:ヴァイオリン協奏曲/ヴァイオリン・ソナタ

トーマス・アルベルトゥス・イルンベルガー 
ジェームス・ジャット 
 
近頃旺盛なSACDリリースが続くウイーンのGramolaレーベルから。イルンベルガーはこれで27枚目(BOXセット含む)のSACD
 
1910年、名ヴァイオリニストのクライスラーからヴァイオリン協奏曲の作曲依頼を受けたエルガーは、様々な技巧を盛り込んだ長大な作品を完成させ、クライスラーに献呈しました。しかし、当のクライスラーは作品を初演したものの、結局録音することはなく、他のヴァイオリニスト、メニューインハイフェッツが好んで演奏、録音したことで後世に残る名作としての地位が確立されました。
 このアルバムではザルツブルク出身のヴァイオリニスト、イルンベルガーが独奏を担当、ジェームズ・ジャッドが指揮するロイヤル・フィルハーモニーと共にロマンティックな旋律を悠然と紡いでいきます。
 同時に収録されているのは、近年高い人気を誇るヴァイオリン・ソナタ。ピアノを担当するコルスティックの妙技も併せ、聴きどころの多い演奏が高音質でお楽しみいただけます。(輸入元情報)

【収録情報】
エルガー
1. ヴァイオリン協奏曲ロ短調 Op.61
2. ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 Op.82

 トーマス・アルベルトゥス・イルンベルガー(ヴァイオリン)
 ミヒャエル・コルスティック(ピアノ:2)
 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(1)
 ジェイムズ・ジャッド(指揮:1)

 録音時期:2017年9月18-20日(1) 2018年3月30,31日(2)
 録音場所:ロンドン、ブラックヒース・ホール(1) ザルツブルクモーツァルトザール(2)
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND