VIVA!SACD

VIVA!SACD

It's time that you took your music to the next level.

エソテリック名盤SACDシリーズ カラヤン、ピリス、ジュリーニ

もう皆さんご存知でしょうが、エソテリックからSACDニュー・リリースです。
録音時期を見ると、初期デジタル録音ですかね。。
 
イメージ 1
チャイコフスキー交響曲第4、5、6番「悲愴」
 
[収録曲] ピョートル・イリイチ・チャイコフスー 
DISC 1 交響曲 第 4 番 へ短調 作品 36 [1] 第 1 楽章:アンダンテ・ソステヌート~モデラート・コン・アニマ~モデラート・アッサイ、クアジ・アンダンテ~ アレグロ・ヴィーヴォ [2] 第 2 楽章:アンダンティーノ・イン・モード・ディ・カンツォーネ [3] 第 3 楽章:スケルツォ、ピッツィカート・オスティナート~アレグロ [4] 第 4 楽章:フィナーレ(アレグロ・コン・フォーコ) 
DISC 2 交響曲 第 5 番 ホ短調 作品 64 [1] 第 1 楽章:アンダンテ~アレグロ・コン・アニマ [2] 第 2 楽章:アンダンテ・カンタービレ、コン・アルクーナ・リツェンツァ~モデラート・コン・アニマ~アンダンテ・ モッソ~アレグロ・ノン・トロッポ~テンポ・プリモ [3] 第 3 楽章:ヴァルス(アレグロモデラート) [4] 第 4 楽章:フィナーレ(アンダンテ・マエストーソ~アレグロ・ヴィヴァーチェモルト・ヴィヴァーチェモデラート・ アッサイ・エ・モルト・マエストーソ~プレスト) 
DISC 3 交響曲 第 6 番 ロ短調 作品 74《悲愴》 [1] 第 1 楽章:アダージョアレグロ・ノン・トロッポ~アンダンテ~モデラート・モッソ~アンダンテ~モデラート・アッサイ~ アレグロ・ヴィーヴォ~アンダンテ・コメ・プリマ~アンダンテ・モッソ [2] 第 2 楽章:アレグロ・コン・グラツィア [3] 第 3 楽章:アレグロモルト・ヴィヴァーチェ [4] 第 4 楽章:フィナーレ(アダージョ・ラメントーソ~アンダンテ) 
[録音]1984 年 9 月 17 日~24 日(交響曲第 4 番)、1984 年 3 月 13 日~22 日(第 5 番)、1984 年 1 月 10 日~ 16 日(第 6 番)、ウィーン、ムジークフェラインザール 
[初出] 交響曲第 4 番 415 348-2(1985 年) 交響曲第 5 番 415 094-2(1985 年) 交響曲第 6 番 415 095-2(1985 年) 
[日本盤初出](LP と同時発売) 交響曲第 4 番 F35G50235(1985 年 10 月 25 日) 交響曲第 5 番 F35G50073 (1985 年 6 月 25 日) 交響曲第 6 番 F35G50043(1985 年 6 月 10 日) 
[オリジナル・レコーディング] 
[エクゼクティヴ・プロデューサー]ギュンター・ブレースト 
[レコーディング・プロデューサー]ミシェル・グロッツ 
[バランス・エンジニア]ギュンター・ヘルマンス 
[エディテイング]ラインヒルト・シュミット 
Super Audio CD プロデューサー] 大間知基彰(エソテリック株式会社) 
Super Audio CD リマスタリング・エンジニア] 杉本一家(JVC マスタリングセンター(代官山スタジオ)) 
Super Audio CD オーサリング] 藤田厚夫(有限会社エフ)

 
 
イメージ 2
[収録曲] フランツ・シューベルト 4 つの即興曲 D.899(作品 90) 
 [2] 第 2 番 変ホ長調 アレグロ 
[3] 第 3 番 変ト長調 アンダンテ 
[4] 第 4 番 変イ長調 アレグレット 4 つの即興曲 D.935(作品 142) 
[5] 第 1 番 へ短調 アレグロモデラート 
[6] 第 2 番 変イ長調 アレグレット 
[7] 第 3 番 変ロ長調 主題(アンダンテ)―変奏 I~V 
[8] 第 4 番 へ短調 アレグロ・スケルツァンド 
[録音]1996 年 7 月、オランダ、ハールレム、コンセルトヘボウ(D.899)、1997 年 9 月、ポルトガルリスボン、パラシオ・ デ・ケルス(D.935) 
[初出] 457 550-2 (1989 年) 
[日本盤初出] POCG10068~9 (1997 年 12 月 21 日、アレグレット ハ短調 D.915、3つのピアノ小品 D.946 とのカップリングによる 2 枚組) 
[エクゼクティヴ・プロデューサー]クリストファー・オールダー 
[レコーディング・プロデューサー]ヘルムート・バーク 
[バランス・エンジニア]ハンス=ウルリヒ・バスティン(D.899)、ヘルムート・バーク(D.935) 
[レコーディング・エンジニア]ユルゲン・ブルグリン(D.899)、ヴォルフ=ディーター・カルヴァトー(D.935)
 
Super Audio CD プロデューサー] 大間知基彰(エソテリック株式会社)  
Super Audio CD リマスタリング・エンジニア] 杉本一家(JVC マスタリングセンター(代官山スタジオ))  
Super Audio CD オーサリング] 藤田厚夫(有限会社エフ)

 
 
イメージ 3
 
[収録曲] アントン・ブルックナー 交響曲 第 9 番 ニ短調
 [1] 第 1 楽章:荘重に、神秘的に 
[2] 第 2 楽章:スケルツォ 動きをもって、生き生きとートリオ 速く
 [3] 第 3 楽章:アダージョ ゆっくりと、荘重に
 [録音]1988 年 6 月、ウィーン、ムジークフェラインザールでのライヴ・レコーディング 
[初出]427 345-2(1989 年) [日本盤初出]F00G20400 (1989 年 7 月 25 日) 
[オリジナル・レコーディング] 
[エクゼクティヴ・プロデューサー]ギュンター・ブレースト 
[レコーディング・プロデューサー]ハンス・ウェーバー 
[バランス・エンジニア]クラウス・ヒーマン 
[エディテイング]ラインヒルト・シュミット、アンドルー・ウェドマン 
Super Audio CD プロデューサー] 大間知基彰(エソテリック株式会社) 
Super Audio CD リマスタリング・エンジニア] 杉本一家(JVC マスタリングセンター(代官山スタジオ)) 
Super Audio CD オーサリング] 藤田厚夫(有限会社エフ)

模倣品・海賊版にご注意ください。
 
ESOTERIC製Super Audio CD ソフト(販売終了品)の模倣品・海賊版がインターネット販売やオークション販売で流通しているようです。
 
<模倣品・海賊版の概要>
 
  • 弊社が2018年8月9日(木)時点で確認した模倣品は、ジャケット・帯・ライナーなど精巧に造られていたものの、Super Audio CDハイブリッド盤ではなくCD層のみというものでした。
    このため、Super Audio CDプレーヤーではSuper Audio CDとして認識されずSuper Audio CDとしての再生ができない状況となっているようです。
  • 製品の真贋については、上記をご参照いただけますと幸いです。
 
大変恐縮ですが、個別の判定のご依頼には応じかねますので、予めご了承ください。
 
<弊社の対応状況等>
 
2018年8月10日(金)時点で弊社ではすでに販売を終了した製品が市場で流通しているものであり、現時点では、弊社から事業者に対する直接的な対応が困難な状況です。
しかしながら、Super Audio CDソフトは弊社の著作権および商標権が使用されたものであり、お客様の被害を防止できるよう法的措置を含めて対応方法を検討しているところです。
 
<お客様へのお願い>
 
お客様におかれましてはこのような海賊版には十分にご注意いただきますようお知らせいたしますとともに、弊社製品は、ESOTERIC正規特約店よりお買い求め頂く事をお勧めいたします。
なお、当該製品は上記のとおり当社とは何ら関係有りませんので、その保証は一切負いかねますのでご了承ください。