VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

【タワレコ限定】アンチェル生誕110年記念企画スプラフォンSACDハイブリッドシリーズ第4弾

 

タワーレコード・オリジナル企画盤 日本コロムビア x TOWER RECORDS
タワーレコードSACD化プロジェクト最新作 The Valued Collection Platinum
アンチェル生誕110年記念企画

「通常のCDで聴いても、時の経つのを忘れるほど聴きこんでしまう音源である。これらが、さらに磨き抜かれた音で再登場ということになると、これはもはや“事件"である」
解説書序文より(平林直哉)
プラフォンSACDハイブリッドシリーズ第4弾
 
 
チェコ・フィル全盛期の1963年録音である「春の祭典」と、虚飾を排した写実的な名演「ペトルーシュカ」のベストカップリング盤。優秀録音。
今回の復刻のために本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから新規でダイレクトDSD化を行った音源をマスタリング。世界初SACD化!
※ 世界初SACD化。ステレオ録音。限定盤
チェコ、スプラフォン社にあるオリジナル・アナログ・マスターテープから2019年にDSDマスターにダイレクト変換した後、2019年にマスタリング
※ マスタリング・エンジニア:毛利篤氏(日本コロムビア)
※ オリジナル・ジャケット・デザイン採用
※ 解説:平林直哉氏(序文解説)、他
※ 通常ジュエルパッケージ仕様
※ 盤印刷面:緑色仕様
※ 一部お聴き苦しい箇所がございますが、オリジナル・テープに起因します(元々のマスターに入っている欠落やノイズもそのまま収録)。ご了承ください
 
【収録曲】
1. ストラヴィンスキー:バレエ《春の祭典
2. ストラヴィンスキー:バレエ《ペトルーシュカ》 (1947年版)
【演奏】
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
カレル・アンチェル(指揮)
【録音】
1963年1月15,16日、3月4-7日(1)、 1962年3月26-30日(2)
プラハ、ルドルフィヌム
【原盤】
SUPRAPHON
 
 
 
アンチェル&チェコ・フィル全盛期の珠玉の小品集を2枚に集成。稀に見る精緻で端正な表情が作品の魅力を際立たせる名演!
今回の発売のために本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから新規でダイレクトDSD化を行いマスタリング。全曲世界初SACD化!
※ 世界初SACD化。ステレオ録音。限定盤
チェコ、スプラフォン社にあるオリジナル・アナログ・マスターテープから2019年にDSDマスターにダイレクト変換した後、2019年にマスタリング
※ マスタリング・エンジニア:毛利篤氏(日本コロムビア)
※ オリジナル・ジャケット・デザイン採用(一部はブックレットにも掲載)
※ 通常ジュエルパッケージ仕様(スリムケース)
※ 盤印刷面:緑色仕様
※ 解説:平林直哉氏(序文解説)、他
※ 一部お聴き苦しい箇所がございますが、オリジナル・テープに起因します(元々のマスターに入っている欠落やノイズもそのまま収録)。ご了承ください
 
【収録曲】
<DISC1>
1. グリンカ:歌劇《ルスランとリュドミラ》序曲、
2. ボロディン交響詩中央アジアの草原にて》、
3. リムスキー=コルサコフスペイン奇想曲 作品34、
4. チャイコフスキー:イタリア奇想曲 作品45、
5. チャイコフスキー:序曲《1812年》 作品49、 6. スメタナ:歌劇《売られた花嫁》序曲
<Disc 2>
7. モーツァルト:歌劇《魔笛》序曲 K.620、 8. ベルリオーズ:序曲《ローマの謝肉祭》作品9、
9. ウェーバーベルリオーズ編):舞踏への勧誘 作品65、 10. リスト:交響詩前奏曲》S.97、
11. ロッシーニ:歌劇《ウィリアム・テル》序曲、 12. R. シュトラウス交響詩ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》作品28、
13. ワーグナー:歌劇《ローエングリン》~第1幕への前奏曲
【演奏】
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
カレル・アンチェル(指揮)
【録音】
1958年9月(6)、1960年6月(7,11)、1962年8月(12)、1962年12月(13)、1964年12月(3,8-10)、 1965年1月(1,2,4,5)
プラハ、ルドルフィヌム
【原盤】
SUPRAPHON
 
 
 

f:id:VIVASACD:20191107111229j:plain

バルトーク管弦楽のための協奏曲、ドヴォルザーク:序曲「フス教徒」、ムソルグスキー:禿山の一夜
 
アンチェルの代表盤のひとつである「オケコン」と、「はげ山の一夜」を含む2曲の管弦楽曲をあらたにカップリング。
今回の復刻のために本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから新規でダイレクトDSD化を行った音源をマスタリング。世界初SACD化!
※ 世界初SACD化。ステレオ録音。限定盤
チェコ、スプラフォン社にあるオリジナル・アナログ・マスターテープから2019年にDSDマスターにダイレクト変換した後、2019年にマスタリング
※ マスタリング・エンジニア:毛利篤氏(日本コロムビア)
※ オリジナル・ジャケット・デザイン採用
※ 通常ジュエルパッケージ仕様
※ 盤印刷面:緑色仕様
※ 解説:平林直哉氏(序文解説)、他
※ 一部お聴き苦しい箇所がございますが、オリジナル・テープに起因します(元々のマスターに入っている欠落やノイズもそのまま収録)。ご了承ください。
 
【収録曲】
1. バルトーク管弦楽のための協奏曲
2. ドヴォルザーク:劇的序曲《フス教徒》作品67, B.132
3. ムソルグスキーリムスキー=コルサコフ編):交響詩《はげ山の一夜》
【演奏】
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
カレル・アンチェル(指揮)
【録音】
1963年3月(1)、 1962年4月9日(2)、 1968年6月(3) プラハ、ルドルフィヌム
【原盤】
SUPRAPHON

 


平和と音楽とカレル・アンチェル

 

 
 
 

カレル・アンチェル 悲運に生きたマエストロ

【書籍】カレル・アンチェル 悲運に生きたマエストロ