VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

Coviello Classicsからバッハも演奏したイタリア・スタイルによる宗教音楽

Giuseppe Peranda: Sacred Music from Dresden

ジュゼッペ・ペランダ:ドレスデンの宗教音楽
アーベントムジーケン・バーゼル
 
イタリアに生まれドイツで音楽活動を展開したジュゼッペ・ペランダの作品を中心に、共にドレスデンで活躍したアルブリーチ、ポールの作品を絡めて構成したディスクです。「ミサ曲
イ短調」は1660年代に書かれたとされ、J.S.バッハが筆者譜を所有し1715年にヴァイマールでキリエを演奏した記録も残っている楽曲。イタリアの協奏的なスタイルが取り入れられ、6つの声楽パートと6つの器楽パートが対置されたリズミカルで華やかな書法が魅力です。また「ミサ曲
イ短調」以外の楽曲はすべて世界初録音となっており大変貴重。ドイツの宗教音楽に新風を巻き込んだイタリアの響きをお楽しみください。SACDハイブリッドでマルチチャンネル収録。
キングインターナショナル
 
【曲目】
ジュゼッペ・ペランダ(ca. 1625-1675):ミサ曲 イ短調より キリエ、グローリア
ジュゼッペ・ペランダ:Repleti sunt omnes
ヴィンチェンツォ・アルブリーチ(1631-1687):2声のシンフォニア
ジュゼッペ・ペランダ:Accurite gentes
ジュゼッペ・ペランダ:Fasciculus myrrhae
ダヴィト・ポール(1624-1695):6声のソナタ

ジュゼッペ・ペランダ:Timor et tremor / Factum estproelium

 
「ミサ曲 イ短調」以外は世界初録音
 
【演奏】
アーベントムジーケン・バーゼル

 Miriam Feuersinger, Maria Cristina Kiehr (sopranos)
Alex Potter (countertenor)
Raphael Höhn, Jakob Pilgrim (tenors)
Markus Flaig (bass)
Abendmusiken Basel
Jörg-Andreas Bötticher (director)

【録音】
201879-12/ドイツ
Recording: Martinskirche Müllheim (Baden),
9th – 12th July, 2018
Recording Producer: Moritz Bergfeld
Coviello Classics

Artistic Director: Jörg-Andreas Bötticher
Introductory text: Peter Wollny
Photos, Art Direction, Layout: Albert Jan Becking
 


Sacred Music from the Duben Collection

「デューベン・コレクション」からの宗教音楽