VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

もう10月

リーマンショックによる世界同時不況の流れのまま幕を開けた2009


不況の余波は派遣切り、大量リストラ、経緯費削減・・

TVでは特に経緯費削減が目立ちますね。
安いセットの使いまわしが出来るトーク番組やクイズ番組が増え、ギャラの高い出演者は避け安い若手お笑いタレントが賑やかに・・広告収入が見込めない深夜放送は視聴率が良くても打ち切り、通販番組に切り替わるそうです

SACDにも影響は大きいですね・・

SACDで予定されていたものがCD+DVDでとランクを下げ価格が上がってのリリースもチラホラ・・

「CDを買う」事がマニアックになってる今

コストを抑えて単価を上げて利益を確保ですね

新録が極端に減り、過去の音源を使いまわすのも目立ちます。

音楽が芸術やエンターテイメントだけでなく、ビジネスとしての比重が大きいので理解できなくも無いのですが・・個人的には緩やかな文化の衰退を感じずにはいれません(再発のほとんどが新規でなく「買い替え」需要や「懐かしい」需要の様ですし・・)。TVにしろCDにしろ「会社の都合」であってなんら視聴者・消費者の目線ではないのがなんともはや・・


しかしながら国内外で自主レーベルによるSACDリリースが増えているのは嬉しい傾向です

そしてそれらが素晴らしい作品であると言う事

流通や宣伝が大手には敵わないので、「知る人ぞ知る」であるのがまことに残念ですが

それだけにその姿勢や気概を最大限に支持したいですね

もちろんこのご時世、コストが高くついてもSACDでリリースする大手も感謝感激です。今の姿勢が数年後の技術躍進、クオリティの向上に繋がると思います




9月はメジャーアーティストの発売が多かったですね。私が買って聴いたものをプチレヴュー

イメージ 1

TVやCMでも御馴染みの綾戸智恵。充電期間を経ての復活アルバム。DSDマスタリングで「音匠」仕様。プロデューサー、レコーディングエンジニアは広兼”SPORTBACK”輝彦(mimi-tab)。エンジニア買いできる有能エンジニアです

イメージ 2


ひとりオーケストラことギタリスト渡辺香津美。ジャズ回帰アルバムで、これはアナウンスが無くて知らなかったのですがDSDレコーディング。内容もめちゃめちゃカッコいいです。ギター好きなプレイヤー、リスナー必聴作品です


イメージ 3

世界の小澤と新進気鋭の小菅優のコラボ。DSDレコーディング。小菅の溌剌としたプレイが光る。
これはソニーから。もうね、今こそ、せめてクラシックは全部SACDで出して欲しいです