VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ザ・バンド  ミュージック・フロム・ビッグピンク

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

1Tears Of Rage
Richard Manuel: Lead Vocal & Piano
Rick Danko: Back Vocal & Bass
Robbie Robertson: Electric Guitar
Garth Hudson: Lowrey Organ & Soprano Sax
Levon Helm: Drums & Tamburine
John Simon: Tenor Sax

2To Kingdome Come
Robbie Robertson: Lead Vocal & Electric Guitar
Richard Manuel: Lead Vocal & Piano
Rick Danko: Bass
Levon Helm: Drums
Garth Hudson: Lowrey Organ

3In A Station
Richard Manuel: Lead Vocal & Piano
Rick Danko: Back Vocal & Bass
Robbie Robertson: Electric Guitar & Acoustic Guitar
Garth Hudson: Clavinette & Electric Piano
Levon Helm: Drums

4Caledonia Mission
Rick Danko: Lead Vocal & Bass
Richard Manuel: Back Vocal
Robbie Robertson: Electric Guitar & Acoustic Guitar
Garth Hudson: Lowrey Organ
Levon Helm: Drums
John Simon: Piano

T5he Weight
Levon Helm: Lead Vocal & Drums
Rick Danko: Lead Vocal & Bass
Richard Manuel: Back Vocal & Hammond Organ (cut)
Robbie Robertson: Acoustic Guitar
Garth Hudson: Piano

6We Can Talk
Richard Manuel: Lead Vocal & Piano
Levon Helm: Lead Vocal & Drums
Rick Danko: Back Vocal & Bass
Robbie Robertson: Electric Guitar
Garth Hudson: Lowrey Organ

7Long Black Veil
Rick Danko: Lead Vocal & Bass
Richard Manuel: Back Vocal & Electric Piano
Levon Helm: Back Vocal & Drums
Robbie Robertson: Acoustic Guitar
Garth Hudson: Lowrey Organ

8Chest Fever
Richard Manuel: Lead Vocal & Piano
Robbie Robertson: Electric Guitar
Rick Danko: Bass & Violin
Levon Helm: Drums
Garth Hudson: Lowrey Organ & Tenor Sax
John Simon: Bariton Sax

9Lonesome Suzie
Richard Manuel: Lead Vocal & Piano
Robbie Robertson: Electric Guitar
Rick Danko: Bass
Levon Helm: Drums
Garth Hudson: Lowrey Organ & Soprano Sax

1This Wheel's On Fire
Rick Danko: Lead Vocal & Bass
Richard Manuel: Back Vocal & Piano
Robbie Robertson: Electric Guitar
Garth Hudson: Clavinette (with Fuzz) & Lowrey Organ
Levon Helm: Drums

11I Shall Be Released
Richard Manuel: Lead Vocal & Piano
Levon Helm: Back Vocal & Drums
Rick Danko: Back Vocal & Bass
Robbie Robertson: Acoustic Guitar
Garth Hudson: Lowrey Organ


2009 SACD/CDハイブリッド(通常CDで再生可)  ステレオ


ボブ・ディランのバックバンドを務めたザ・ホークスがザ・バンドと改めてのデビューアルバム。68年作。負傷のため休暇中のディランと共にセッションを繰り返したニューヨーク郊外のウッドストックにあったピンク色に染められた建物「ビッグ・ピンク」から生まれた名作

確かな技術と「古き良きアメリカ」(バンドメンバーはカナディアンが多いが)と言える素晴らしい内容で当時もそして現在も高い評価と数多くのミュージシャンに強い影響を与える。特にエリック・クラプトンは強い衝撃を受けた様で、「このアルバムが僕の人生を変えた」「The Bandに入りたくてクリームを解散させた」等々、賛辞を今なお送り続けている

SACDはリイシュー専門高音質レーベルMOBIL FIDELITYより。
同時期に発売されたドゥービーブラザーズはワーナーだったが、こちらはEMI。アナログ・プロダクションといい、ジャズやロックのリイシューはメジャーレーベルでなく、外部製作という形が今後も続くだろう(クラシックのリイシューもエソテリックなんかがやってますしね)。その方が確実な仕事で良質のリマスターで好ましいが、いかんせん流通も悪く宣伝もされない。契約の関係上プレス枚数も限られる。知る人ぞ知るだし躊躇してるとすぐ高騰してしまう難点はある(なんせ私はこのアルバムは2500円以下で入手。現在は1000円ほど高くなっている)

さて、そのリマスターですがこれが素晴らしい
ギラギラと化学調味料を塗した様な音量だけ大きくした様なリマスターとは正反対の、68年の時代の空気をそのまま切り取ってきた様なオーガニックさがある。それゆえにド派手な音に慣れた耳では「地味」に聴こえるかも知れない。が、これが本物!と言える、バンドの、時代の色を損なわないリマスター。「地味」ではあるが音はアナログ的な太さがあるし、迫力は十分。それでいて影のあるザ・バンドの持つ哀愁をも損なわない、実に香ばしい(CDだと「迫力」は出せても「陰影」が消えてしまってまったくの別物となってしまう例が多い)。
MOBILのリマスターでもキンクスなどちょっと前の物だといかにもハイファイな光沢ある音だったが、最近の所謂「音圧戦争」の反動だろう。大変好ましい
尚、ステレオオンリーでマルチは無いですが、まったく不満を感じない


イメージ 6

イメージ 7