VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

カラヤンのブルックナー、シューマン、マーラーがSACDシングルレイヤー化

ユニバーサルからのカラヤンシリーズ、2018年もまだまだ続きます。お次はブルックナーシューマンマーラーの3タイトル。SHM仕様のシングルレイヤーSACDです

ブルックナー:交響曲第7番~9番、テ・デウム

ブルックナー交響曲第7~9番テ・デウム(3SACD)
アントン・ブルックナー(1824-1896)
交響曲 第7番・第8番・第9番、テ・デウム(マルチケース仕様)

ベルリン・フィルとのアナログ録音時代のブルックナー作品から、後期の3曲に加え、《テ・デウム》をカップリング。2018年1月発売の『交響曲第4番・第5番・第6番』(UCGG-9112/4)も合わせてお楽しみください。

【DISC 1】
交響曲 第7番 ホ長調
【DISC 2】
交響曲 第8番 ハ短調(1887年版/校訂:ロベルト・ハース)
【DISC 3】
交響曲 第9番 ニ短調(原典版)
テ・デウム

アンナ・トモワ=シントウ(ソプラノ)
アグネス・バルツァ(メッゾ・ソプラノ)
ペーター・シュライアー(テノール)
ジョゼ・ヴァン・ダム(バス)(テ・デウム)

ウィーン楽友協会合唱団(合唱指揮:ヘルムート・フロシャウアー)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

録音:1975年1月、4月(第8番)、4月(第7番)、9月(第9番、テ・デウム) ベルリン、フィルハーモニー

※ドイツ・グラモフォンのオリジナル・アナログマスターから独Emil Berliner Studiosにて2017年制作、最新DSDマスター使用。

シューマン:交響曲全集

シューマン交響曲全集(2SACD)
ロベルト・シューマン(1810-1856)
交響曲全集 他(マルチケース仕様)

カラヤンを代表する名盤として有名な『シューマン:交響曲全集』。瑞々しい美しさを余すところ無く表現した名盤が最新DSDマスターによって鮮やかに蘇ります。通常CDでは3枚組のところを、SA-CDの大容量を生かして2枚組みに収めています。カップリングにメンデルスゾーン:序曲《フィンガルの洞窟》他を収録。

【DISC 1】
ロベルト・シューマン
1.交響曲 第1番 変ロ長調 作品38 《春》
2.交響曲 第4番 ニ短調 作品120
フェリックス・メンデルスゾーン(1809-1847)
3.序曲《フィンガルの洞窟》 作品26

【DISC 2】
ロベルト・シューマン
4.交響曲 第2番 ハ長調 作品61
5.交響曲 第3番 変ホ長調 作品97 《ライン》
6.序曲、スケルツォとフィナーレ ホ長調 作品52

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

録音:1971年1月7、8日(DISC 1: 3)、1月4、8日(DISC 1: 1, 2) 、1月6、7日(DISC 2: 5)、2月16、17日(DISC 2: 4, 6) ベルリン、イエス・キリスト教会

※ドイツ・グラモフォンのオリジナル・アナログマスターから独Emil Berliner Studiosにて2017年制作、最新DSDマスター使用。
マーラー(1860-1911)
交響曲第5番亡き子をしのぶ歌(紙ジャケット仕様)

カラヤンマーラー録音第1弾だった交響曲第5番を最新DSDマスターで復刻。ベルリン・フィルの機動力を生かした演奏で、美しさと激しさのコントラストが印象的。1971年公開の映画《ヴェニスに死す》で有名になった、第4楽章「アダージェット」の透明感ある美しさも特筆です。

グスタフ・マーラー(1860-1911)
1.交響曲 第5番 嬰ハ短調
2.亡き子をしのぶ歌

クリスタ・ルートヴィヒ(メッゾ・ソプラノ)(2)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

録音:1973年 ベルリン、イエスキリスト教会(1)、1974年10月 ベルリン、フィルハーモニー(2)

※ドイツ・グラモフォンのオリジナル・アナログマスターから独Emil Berliner Studiosにて2017年制作、最新DSDマスター使用。