VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

カール・ベーム&ウィーン・フィルSHM-SACDでブラームス:交響曲全集

 
 
2019年は生誕125周年のカール・ベームユニバーサルミュージックからモーツァルトベートーヴェンシューベルトに続いてブラームス交響曲全集です。いずれもSACDシングルレイヤーでSACD対応プレイヤーでのみ再生可能です。通常CDプレイヤーやPCでは再生出来ませんのでご注意下さい。
 
限定盤】【SHM-SACD
2019年に生誕125周年を迎えるオーストリアの巨匠指揮者カール・ベーム。日本には1963年ベルリン・ドイツ・オペラと共に初来日、その後はウィーン・フィルウィーン国立歌劇場と共にたびたび来日し、特に1975年のウィーン・フィルとの来日公演は今もなお伝説的なコンサートとして事あるごとにクラシック専門誌等で取り上げられています。
 カラヤンと並び、日本人に最も愛された指揮者ベームウィーン・フィル。このコンビによるブラームス交響曲と2つの管弦楽曲、ルートヴィヒをソリストに迎えた「アルト・ラプソディ」をDSDマスタリング。交響曲全集として発売します。
 独Emil Berliner StudiosでDGのオリジナル・マスターから、第1番は2011年制作のDSDマスターを、それ以外は2018年制作のDSDマスターを使用。(メーカー資料より)

【収録情報】
ブラームス交響曲全集

Disc1
交響曲第1番ハ短調 Op.68
ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a

Disc2
交響曲第2番ニ長調 Op.73
● アルト・ラプソディ Op.53
● 悲劇的序曲 Op.81

Disc3
交響曲第3番ヘ長調 Op.90
交響曲第4番ホ短調 Op.98

 クリスタ・ルートヴィヒ(コントラルト:op.53)
 ウィーン楽友協会合唱団(op.53)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1975年5月(op.68,73,98)、1975年6月(op.90)、1976年6月(op.53)、1977年2月(op.56a,81)
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 SACD Single Layer

 SACD対応プレイヤーで再生できます。