VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

イヴァン・フィッシャー&BFO ベートーヴェンの交響曲第1番&第5番!Channel Classics SACD Hybrid DSD録音

f:id:VIVASACD:20190808085831j:plain

ベートーヴェン:交響曲第5番『運命』、第1番 イヴァン・フィッシャー&ブダペスト祝祭管弦楽団

 

タワーレコード

HMV

Amazon

ハンガリーの鬼才イヴァン・フィッシャーと、フィッシャーがゾルターン・コチシュと共に創設し、世界最高峰のオーケストラへと育てたブダペスト祝祭管弦楽団(BFO)。Channel Classicsからは第4番&第6番(廃盤)と第7番(廃盤)がリリースされていた同コンビによるベートーヴェン録音。待望の新録音は、ハイドンモーツァルトなど古典的な交響曲の伝統に根ざしながらも、新たな時代への重要な転換点となった交響曲第1番、そしてベートーヴェンの不朽性の究極の証明となる傑作、交響曲第5番『運命』のカップリング!
イヴァン・フィッシャーは、ベルリン・フィルロイヤル・コンセルトヘボウ管(RCO)など世界トップクラスのオーケストラにも頻繁に客演しており、RCOとはベートーヴェン交響曲全集も映像収録しているだけに、自らが鍛え上げた手兵ブダペスト祝祭管との新たなベートーヴェン録音にも期待がかかります。
マーラー交響曲第3番では、第55回レコード・アカデミー賞において「特別部門録音賞」を受賞した優秀録音チーム、名エンジニアのジャレッド・サックス率いるChannel Classicsによる超ハイクオリティ・レコーディングにも注目です。(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン
交響曲第1番ハ長調 Op.21
交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』


ブダペスト祝祭管弦楽団
イヴァン・フィッシャー(指揮)

録音方式:ステレオ(デジタル)
SACD Hybrid
CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

Cables:
Van den Hul
Digital Converters:
Horus, Merging Technologies
Editing Software:
Pyramix, Merging Technologies
Mastering Engineer:
Jared Sacks
Microphones:
Bruel & Kjaer 4006, Schoeps
Mixing Board:
Rens Heijnis, custom design
Producer:
Jared Sacks
Recording Engineer:
Jared Sacks
Recording location:
Palace of Arts, Budapest, Hungary
Recording Type & Bit Rate:
DSD 64
Speakers:
Grimm LS1

 

イヴァン・フィッシャーSACD Hybrid:タワーレコード

 

Channel ClassicsレーベルSACD Hybrid:タワーレコード

 Channel ClassicsレーベルSACD:Amazon

↓も再プレスして頂きたい

Symphony No. 7 & Works By Rossini Weber & Wilms

Symphony No. 7 & Works By Rossini Weber & Wilms

 

 

 

Symphonies Nos.4 & 6

Symphonies Nos.4 & 6

 

 


Channel Classics Future Release - Beethoven symphony no. 4 & 6 Iván Fischer