VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

レイチェル・ポッジャーが遂にベートーヴェンの録音を開始

f:id:VIVASACD:20220203112612p:plain

ベートーヴェン: ヴァイオリン・ソナタ 第1番、第5番「春」、第10番
レイチェル・ポッジャー 、 クリストファー・グリン

タワーレコード

タワーレコード:国内流通仕様

Amazon

 


www.youtube.com

Original Recording Format: DSD 256

Channel Classics

バッハ、ヴィヴァルディ、モーツァルトなどの演奏で世界中を魅了し「英国の比類なき栄誉あるバロック・ヴァイオリニスト」(TIMES紙)と讃えられるレイチェル・ポッジャーと、グラミー受賞歴を誇りトロンボーン版『冬の旅』でのマシュー・ジーとの共演も記憶に新しい鍵盤奏者、クリストファー・グリンによるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタが登場。2人の共演は前作の補筆完成版モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集に続いて2作目となります。
 ベートーヴェンが残した10曲のヴァイオリン・ソナタのうち、20代後半のベートーヴェンが初めて書いた「ヴァイオリンの助奏付きクラヴィーア・ソナタ」とされる第1番、明るく美しい曲想で最も人気が高く『春』の愛称を持つ第5番、唯一作曲家活動後期に書かれロマン派の片鱗を感じさせる最後の第10番という、幅広い時期の作品を収録。ポッジャーはここで英国王立音楽院が所有する1718年製ストラディヴァリの名器を使用し、グリンの奏でる1840年製エラールと共に、粒だった音色で音楽の流れの綾を明確に紡ぎ、それぞれの作品の性格を巧みに描き分けて素晴らしさを伝えています。マルチ・チャンネルを含むSACDでの発売です。(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン
● ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ長調 Op.12-1
● ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調 Op.24『春』
● ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調 Op.96

 レイチェル・ポッジャー(ヴァイオリン/「マウリン」クレモナのアントニオ・ストラディヴァリ1718年製)
 クリストファー・グリン(フォルテピアノ/エラール1840年製)

 録音時期:2021年5月
 録音場所:ロンドン、アッパー・ノーウッド、セント・ジョンズ教会
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND


www.youtube.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com