VIVA!SACD

VIVA!SACD

It's time that you took your music to the next level.

ムーディーブルース 失われたコードを求めて In Search Of The Lost Chord

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ディスク:1
1. Departure
2. Ride My See-Saw
3. Dr. Livingstone, I Presume
4. House of Four Doors, Pt. 1
5. Legend of a Mind
6. House of Four Doors, Pt. 2
7. Voices in the Sky
8. Best Way to Travel
9. Visions of Paradise
10. Actor
11. Word
12. Om
ディスク:2
1. Departure [Alternate Mix]
2. Best Way to Travel [Additional Vocal Mix]
3. Legend of a Mind [Alternate Mix]
4. Visions of Paradise [Instrumental Version]
5. What Am I Doing Here? [Original Version]
6. Word [Mellotron Mix]
7. Om [Extended Version]
8. Simple Game [Justin Hayward Vocal Mix]
9. King and Queen
10. Doctor Livingstone I Presume [#]
11. Voices in the Sky [#]
12. Thinking Is the Best Way to Travel [#]
13. Ride My See Saw [#]
14. Tuesday Afternoon (Forever Afternoon) [#]
15. Simple Game [Single 'B' Side]

2006 CD/SACDハイブリッド  ステレオ




オーケストラに替わってメロトロンを本格導入。さらにメンバー自身が全ての楽器を演奏した意欲作。
プログレ色は前作よりも強くなっている.

前作と比べ音の厚みは薄くなっているが、各曲のメロディは哀愁度が増し、メロトロンの音色が拍車をかけてこれでもかと胸を締め付ける。
ドラッグ体験の内容であったり、シタールなど東洋的な音を導入したりと68年という時代を反映しているとも言える。
個人的にはハイライトは7、この名曲を聴くためだけに購入しても良い。


リイシュースタッフエンジニアはSACDシリーズ7タイトル共通。しかし、このアルバムだけステレオのみでサラウンド収録は無い。おそらく、サウンドが他のアルバムほど分厚さがないので5.1chに音を振り分けるとムーディーズの世界観に統一性を失うからか、単に丁度いいマスターが無かったか・・

サラウンドが無いからとスルーするSACDユーザーもいるようですが、それは勿体無い。
様々な楽器の音があちこちに溢れ、効果音がアルバムの臨場感を煽る。これらの音のリアルさはSACDで体験したい

前作同様2枚組みデラックスエディション。ディスク2はCD
ディスク1はSACDですが、なぜか表記がありません。購入時焦りました

ジャスティン・ヘイワード(twelve string guitar,acoustic guitar,electric guitar,sitar,tablas,piano,mellotron,bass guitar,harpsichord,percussion,vocals)
マイク・ピンダー(mellotrons,piano,harpsichord,cello,vocals,acoustic guitar,bass guitar,auto-harp)
グレアム・エッジ(drrums,timpani,tambourine,tablas,piano)
ジョン・ロッジ(bass,guitar, cello,tambourine,snare drum,acoustic guitar,vocals)
ロイ・トーマス(c flute,alto flute,soprano saxophne,vocals )


Derek Varnals  Original Mix
Phil Smee  Package Design
Phil Travers  Cover Painting
Joe Black  Project Coordinator
Alberto Parodi  Remastering
Paschal Byrne  Remastering