VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ムーディーブルース 失われたコードを求めて In Search Of The Lost Chord

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ディスク:1
1. Departure
2. Ride My See-Saw
3. Dr. Livingstone, I Presume
4. House of Four Doors, Pt. 1
5. Legend of a Mind
6. House of Four Doors, Pt. 2
7. Voices in the Sky
8. Best Way to Travel
9. Visions of Paradise
10. Actor
11. Word
12. Om
ディスク:2
1. Departure [Alternate Mix]
2. Best Way to Travel [Additional Vocal Mix]
3. Legend of a Mind [Alternate Mix]
4. Visions of Paradise [Instrumental Version]
5. What Am I Doing Here? [Original Version]
6. Word [Mellotron Mix]
7. Om [Extended Version]
8. Simple Game [Justin Hayward Vocal Mix]
9. King and Queen
10. Doctor Livingstone I Presume [#]
11. Voices in the Sky [#]
12. Thinking Is the Best Way to Travel [#]
13. Ride My See Saw [#]
14. Tuesday Afternoon (Forever Afternoon) [#]
15. Simple Game [Single 'B' Side]

2006 CD/SACDハイブリッド  ステレオ




オーケストラに替わってメロトロンを本格導入。さらにメンバー自身が全ての楽器を演奏した意欲作。
プログレ色は前作よりも強くなっている.

前作と比べ音の厚みは薄くなっているが、各曲のメロディは哀愁度が増し、メロトロンの音色が拍車をかけてこれでもかと胸を締め付ける。
ドラッグ体験の内容であったり、シタールなど東洋的な音を導入したりと68年という時代を反映しているとも言える。
個人的にはハイライトは7、この名曲を聴くためだけに購入しても良い。


リイシュースタッフエンジニアはSACDシリーズ7タイトル共通。しかし、このアルバムだけステレオのみでサラウンド収録は無い。おそらく、サウンドが他のアルバムほど分厚さがないので5.1chに音を振り分けるとムーディーズの世界観に統一性を失うからか、単に丁度いいマスターが無かったか・・

サラウンドが無いからとスルーするSACDユーザーもいるようですが、それは勿体無い。
様々な楽器の音があちこちに溢れ、効果音がアルバムの臨場感を煽る。これらの音のリアルさはSACDで体験したい

前作同様2枚組みデラックスエディション。ディスク2はCD
ディスク1はSACDですが、なぜか表記がありません。購入時焦りました

ジャスティン・ヘイワード(twelve string guitar,acoustic guitar,electric guitar,sitar,tablas,piano,mellotron,bass guitar,harpsichord,percussion,vocals)
マイク・ピンダー(mellotrons,piano,harpsichord,cello,vocals,acoustic guitar,bass guitar,auto-harp)
グレアム・エッジ(drrums,timpani,tambourine,tablas,piano)
ジョン・ロッジ(bass,guitar, cello,tambourine,snare drum,acoustic guitar,vocals)
ロイ・トーマス(c flute,alto flute,soprano saxophne,vocals )


Derek Varnals  Original Mix
Phil Smee  Package Design
Phil Travers  Cover Painting
Joe Black  Project Coordinator
Alberto Parodi  Remastering
Paschal Byrne  Remastering