VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

エソテリックSACDシリーズ!カラヤンとクライバー

イメージ 1

イメージ 2

エソテリック(株)は、ドイツ・グラモフォンの名盤を同社レーベルよりSACDハイブリッドソフトとして発売。オーディオ販売店などで8月末より販売を行う。


品番:ESSG-90017
仕様:Super Audio CDハイブリッド
価格:¥3,300(税込)


品番:ESSG-90018
仕様:Super Audio CDハイブリッド
価格:¥3,300(税込)

カラヤンベルリン・フィル シェーンベルク浄夜」(ESSG-90017) カルロス・クライバーブラームス交響曲第四番(ESSG-90018)

いずれもLP時代から名盤の誉れ高い演奏。SACD化のマスタリングにあたっては、DAコンバータールビジウムクロックジェネレーター共に、エソテリックブランドの最高級機材を投入したほか、同社のMEXCELケーブルを使用。同社では「これらにより、オリジナル・アナログ・マスターの持つ情報を余すところなくディスク化した」とコメントしている。ジャケットは紙製デジパック・パッケージ仕様となっている。

カラヤンのディスクは新ウィーン楽派の作曲家シェーンベルクヴェーベルン、ベルクの楽曲を収録。収録曲は収録会場が異なり、ベルクはイエス・キリスト協会で、シェーンベルクヴェーベルンフィルハーモニーザールで録音されている。本ディスクではこの録音会場の差異を聴き取ることができるという。

クライバーブラームスは、録音数の少ない彼が行った初めてのデジタル録音。そのマスターにDSDマスタリングを施したことで、細部まで流麗で明晰な響きを味わうことができるという。