VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

Challenge Classics新譜情報

オランダの高音質レーベルと言えばPENTATONE、CHANNEL、そしてCHALLENGE
プロデューサー兼エンジニアのBert van der WolfによるDSD、DXD録音で良質なアルバムをリリースし続けています
ももうじきリリース予定

ボニッツォーニ率いるラ・リゾナンツァによるJ.S.バッハチェンバロ協奏曲全集の第1弾

イメージ 1
J.S.バッハチェンバロ協奏曲集Vol.1 ファビオ・ボニッツォーニ

第1番ニ短調 BWV1052
第2番ホ長調 BWV1053
第4番イ長調 BWV1055
第5番ヘ短調 BWV1056
ファビオ・ボニッツォーニ(チェンバロ
ラ・リゾナンツァ
録音:2017年8月9-12日/イタリア、サン・ドナート教会

★これは面白い企画がスタートしました。ボニッツォーニとラ・リゾナンツァによるJ.S.バッハチェンバロ協奏曲、第1弾!全集になる予定とのことでいやが上にも期待が高まります。ボニッツォーニはハーグ王立音楽院でコープマンに学んだイタリアのオルガン・チェンバロ奏者。アムステルダムバロック・オーケストラ、ル・コンセール・デ・ナシオン、エウローパ・ガランテなど名だたる古楽オーケストラと共演するほか、自らのアンサンブル「ラ・リゾナンツァ」を結成し、古楽界で大いに活躍中の名手です。
★弦楽は1パート1人。メンバーはソリスト級の腕前で、チェンバロとの丁々発止のアンサンブルが聴きものです。そしてボニッツォーニのソロがやはり巧い。軽妙な語り口や洒脱な装飾音はコープマン仕込みか。そこへ想像力にあふれた深い表現がプラスされ、明快さと濃密さが同居しています。霊感に満ちた鬼気迫るBWV1052、絶妙な力の抜け具合が気持ち良いBWV1055など、新たなバッハの名演が聴ける喜び!SACDハイブリッド盤での発売です。

イスラエル出身の美人ピアニスト、エイナフ・ヤルデンの新作はシューマンAmazonのみ取り扱いが開始されてます。
イメージ 2
Schumann: Scenes and Fantasies - Yarden

ヨハネッテ・ゾマー、マイク・フェントロス、ラ・スフェラ・アルモニオーソの新作も。
以前はCHANNELからリリースがありましたが、CHALLENGE(似てる名前でややこしい)に移籍したんですかね


今回はヘンリー・パーセル
イメージ 3

Symphony While The Swans Come Forward

詳細がわかりましたら、改めて紹介したいと思います。