VIVA!SACD

VIVA!SACD

It's time that you took your music to the next level.

ユニバーサル音源復刻 “VINTAGE SA-CD COLLECTION”第12弾!クーベリック、ルービンシュタイン、セラフィン

f:id:VIVASACD:20191104134257j:plain

 
決定盤のひとつとして君臨するベルリン・フィルとの圧倒的名演を最高水準で復刻。
第8,9番を除き、世界初SA-CD化!オリジナル・アナログ・マスターから本国で新規マスタリング
※ 限定盤。世界初SA-CD化(1-7)
※ SA-CDハイブリッド盤
※ 2018年最新マスタリング音源使用(独Emil Berliner Studiosにて本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから192kHz/24bitでデジタル変換したWAVデータをマスタリングしSA-CD層用にDSD変換。アナログ・マスターテープはその経年劣化と保存状態に応じて、可能な範囲で入念な修復作業を行った後に変換作業を実施)
※ オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレットに他のジャケットも掲載)
※ 通常ジュエルパッケージ仕様
※ 盤印刷面:緑色仕様
※ 解説:増田良介(新規序文解説)他、解説書合計28ページ

【収録曲】
アントニン・ドヴォルザーク:
<DISC1>
1. 交響曲 第1番 ハ短調 《ズロニツの鐘》
2. 交響曲 第2番 変ロ長調 作品4 ~第1、第2楽章
<DISC2>
2. 交響曲 第2番 変ロ長調 作品4 ~第3、第4楽章
3. 交響曲 第6番 ニ長調 作品60
<DISC3>
4. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品10、 5. 交響曲 第4番 ニ短調 作品13
<DISC4>
6. 交響曲 第5番 ヘ長調 作品76、 7. 交響曲 第7番 ニ短調 作品70
<DISC5>
8. 交響曲 第8番 ト長調 作品88、
9. 交響曲 第9番 ホ短調 作品95 《新世界より
【演奏】
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ラファエル・クーベリック(指揮)
【録音】
1966年6月8、9日(8)、1971年1月18-21日(7)、
1972年6月8-10日(9)、9月12、13日(6)、10月(4-6)、12月(2)、
12月22日、1973年2月22日(1) ベルリン、イエス・キリスト教会
【原盤】
Deutsche Grammophon
【Remaster】
DSD Remastered by Emil Berliner Studios, 6/ 2018 本国のオリジナル・アナログ・マスターより2018年最新リマスタリング
【Original Recordings】
Executive Producers: Dr. Wilfried Daenicke (7), Dr. Rudolf Werner 、 Recording Producer: Hans Weber
Balance Engineers: Gunter Hermanns (8), Heinz Wildhagen
【First LP Release】
139 181 (Dvorak: Symphonie No.8), 2530 127 (Dvorak: Symphonie No.7), 2530 415 (Dvorak: Symphonie No.9),
2530 425 (Dvorak: Symphonie No.6), 2720 066 (Dvorak: 9 Symphonies) (No.1-5)
 
 
 
 
最後のセッション録音であるメータとのブラームスを世界初SA-CD化。
情熱と音楽性が際立つ、巨匠最後の決定盤!
オリジナル・アナログ・マスターから本国で新規マスタリング

※ 限定盤。世界初SA-CD化
※ SA-CDハイブリッド盤
※ 2018年最新マスタリング音源使用(英Classic Soundにて、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープからダイレクトにDSD変換とマスタリングを行い、SA-CD層用のDSDマスターを制作。CD層用にはこのDSDマスターから44.1kHz/16bitにPCM変換を行いCDマスターを制作。アナログ・マスターテープはその経年劣化と保存状態に応じて、可能な範囲で入念な修復作業を行った後に変換作業を実施)
※ オリジナル・ジャケット・デザイン使用(英DECCA初出盤ジャケットを使用)
※ 通常ジュエルパッケージ仕様
※ 盤印刷面:緑色仕様
※ 解説:長井進之助氏(新規序文解説)他、解説書合計8ページ

【収録曲】
ヨハネス・ブラームス:ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 作品15
【演奏】
アルトゥール・ルービンシュタイン(ピアノ)
イスラエルフィルハーモニー管弦楽団
ズービン・メータ(指揮)

【録音】
1976年4月6、7日 テルアヴィヴ、フレデリック・R.マン・オーディトリウム
【原盤】
Decca
【Remaster】
DSD Remastered by Classic Sound, 6/ 2018 本国のオリジナル・アナログ・マスターより2018年最新リマスタリング
【Original Recordings】
Recording Producer: Ray Minshull、 Balance Engineer: James Lock
【First LP Release】
SXL6797 (Brahms: Piano Concerto No.1)

f:id:VIVASACD:20191104134611j:plain

 

シミオナート、デル・モナコ最盛期のヴェリズモ・オペラ最高傑作を世界初SA-CD化。
作品の真髄を見事に抉る決定盤!
オリジナル・アナログ・マスターから本国で新規マスタリング

※ 限定盤。世界初SA-CD化
※ SA-CDハイブリッド盤
※ 歌詞対訳なし
※ 2018年最新マスタリング音源使用(英Classic Soundにて、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープからダイレクトにDSD変換とマスタリングを行い、SA-CD層用のDSDマスターを制作。CD層用にはこのDSDマスターから44.1kHz/16bitにPCM変換を行いCDマスターを制作。アナログ・マスターテープはその経年劣化と保存状態に応じて、可能な範囲で入念な修復作業を行った後に変換作業を実施)
※ オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレットに他のジャケットも掲載)
※ 通常ジュエルパッケージ仕様
※ 盤印刷面:緑色仕様
※ 解説:山崎浩太郎氏(新規序文解説、原語テキスト改訂&訳)他、解説書合計12ページ

【収録曲】
ピエトロ・マスカーニ:歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》全曲
【演奏】
サントゥッツァ(村の娘):ジュリエッタ・シミオナート(メッゾ・ソプラノ)
トゥリッドゥ(村の青年):マリオ・デル・モナコ(テノール)
ルチーア(トゥリッドゥの母):アンナ・ディ・スタジオ(メッゾ・ソプラノ)
アルフィオ(馬車屋):コーネル・マックニール(バリトン)
ローラ(アルフィオの妻):アナ・ラケル・サトレ(メッゾ・ソプラノ)
サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団・合唱団
トゥリオ・セラフィン(指揮)
【録音】
1960年7月1-7日 ローマ、サンタ・チェチーリア音楽院
【原盤】
Decca
【Remaster】
DSD Remastered by Classic Sound, 6/ 2018 本国のオリジナル・アナログ・マスターより2018年最新リマスタリング
【Original Recordings】
Recording Producer: James Walker、 Balance Engineer: Roy Wallace
【First Release】
SXL2281/2 (Mascagni: Cavalleria Rusticana, Operatic Recital)


 
 
SACD HYBRIDディスクはSACDDSD)とCDの2層式ディスクです。
通常のCDプレイヤー、PCでCD層が再生可能です。
SACDプレイヤーで高音質ハイレゾDSD音源がお楽しみ頂けます。
 
シングルレイヤーはSACD単層でSACDプレイヤーのみで再生可能です。