VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

モダン・コンポーザー藤倉大の最新作品集 山田和樹指揮する東京混声合唱団による「ざわざわ」他

近年毎年1作SACDリリースが続く藤倉大の2019年最新作品集「ざわざわ」が6月リリース予定です。
 

ざわざわ


藤倉大「ざわざわ」
山田和樹 シズオ・Z・クワハラ 東京混声合唱
ソニーミュージック・ジャパン・インターナショナル
 
2014年にSMJIからギタリスト、笹久保伸とのコラボレーション・アルバム『マナヤチャナ』を、2016年には初の作品集「世界にあてた私の手紙」、続いて2017年には第二作品集「チャンス・モンスーン」、2018年には第三作品集『ダイヤモンド・ダスト』を制作したイギリスはロンドン在住の作曲家藤倉大の最新作品集。今や世界中のオーケストラから引っ張りだこの人気を誇る指揮者、山田和樹指揮する東京混声合唱団による「ざわざわ」をはじめ、ソプラノ、マリンバ、チューバ、クラリネットコントラバス、ホルンというさまざまな声と楽器をフィーチャーした作品を集めたもので、どの曲にも見事なほどの藤倉色を確認することができる。今作もこれまで同様、藤倉自身が編集・ミックス、マスタリングまで手掛け、作曲者の理想とする響きが追及されている。今もっとも演奏される機会が多い作曲家の一人として世界中の楽壇からひっぱりだこの人気を誇る藤倉大は、平成30年度 芸術選奨音楽部門 文部科学大臣新人賞を受賞し、2019年もまた世界中の楽壇を騒がせる存在であることは間違いなく、来日も数回予定されている。ソニーミュージック
 
作曲 : 藤倉大
 
 
その他
指揮 : 山田和樹 、 シズオ・Z・クワハラ
合唱 : 東京混声合唱
パーカッション : 塚越慎子
テューバ : オイステイン・バーズヴィック
吹奏楽団 : 芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー
ソプラノ : 小林沙羅
クラリネット : 吉田誠
ホルン : 福川伸陽
演奏団体 : カルテット・アマービレ
 
 
イメージ 1