VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ヴィクトル・ブーニンが奏でるタネーエフ&アレクサンドロフ「師と弟子」CAROMITIS SACDHYBRID

f:id:VIVASACD:20190814090744j:plain

セルゲイ・タネーエフ 、 アナトーリ・アレクサンドロフ「師と弟子」 ヴィクトル・ブーニン

タワーレコード

 

CARO MITISレーベル再流通ラインナップに遂にこれが来ました。

チャイコフスキー(作曲)ニコライ・ルビンシュタイン(ピアノ)を師に、弟子にスクリャービンラフマニノフグラズノフプロコフィエフメトネルグリエール、ユオン等々、錚々たる顔ぶれが並ぶロシア音楽史の重要人物セルゲイ・タネーエフ(1856~1915)と弟子の一人であるアナトーリ・アレクサンドロフ(1888~1982)の作品を、作曲家のウラディーミル・ブーニンを父に持つ、ヴィクトル・ブーニン(1936~)が色彩豊かに奏でます。録音はオランダのPolyhymniaによるDSD(Pyramix)録音。

2012年リリース時は輸入代理店が撤退していたのか、日本語の商品説明も無く、ひっそりと、そして市場から消えていたアルバム。これを機に是非(おそらくCARO MITISの一連の再流通は数が少ないと思われます。早めに注文して辛抱強く待つ、をおススメします)。派手さは無いけど、堅実で音楽性豊かで、ライブラリーの中でいぶし銀な輝きをみせるアルバムを作るレーベルです

 

ロシアン・ピアノ・スクールの流派の1つ、サムイル・フェインベルクの高弟でありその伝統を受け継ぐ御年83歳の大ベテラン、ヴィクトル・ブーニン(1936-)。ブーニンの選んだ「師と弟子」をテーマとしたロシアン・プログラムは、タネ―エフとアレクサンドロフという濃厚な組み合わせ。ちなみにブーニンの父である作曲家のウラディーミル・ブーニンはアレクサンドロフの弟子であり、その存在、作品はブーニンにとっても特別なもの。様々な「師と弟子」の関係性が表現された、ロシアの知られざる名匠ならではの興味深いプログラムです。 
東京エムプラス

【曲目】
タネーエフ:前奏曲ヘ長調、主題と変装 ハ短調/
アレクサンドロフ:ピアノ・ソナタ第4番ハ長調、5つの小品 Op.110、洞察力Op.111

【演奏】
ヴィクトル・ブーニン(ピアノ)

【録音】
2010年9月25日-26日、RTRスタジオ5(モスクワ)

 

Sergey Taneyev (1856–1915)

1
Prelude in F major
[4:01]


Dedicated to Alexander Siloti

Theme and Variations in C minor
2
Theme. Moderato
[0:56]

3
Variation I. [Un poco piu mosso]
[0:45]

4
Variation II. Allegretto alla quartetto di P. Tschaikovsky
[0:52]

5
Variation III. [Allegro]
[0:58]

6
Variation IV. [Allegretto]
[0:22]

7
Variation V. Andante espressivo
[0:54]

8
Variation VI. Allegro
[0:32]

9
Variation VII. Andante
[0:45]

10
Variation VIII. Allegro vivace
[0:20]

11
Variation IX. Allegro
[0:38]

12
Variation X. [Con moto]
[1:18]

13
Variation XI. Andante
[1:01]

14
Variation XII. Andante [non troppo lento]
[2:41]

Anatoly Alexandrov (1888–1982)

Piano Sonata No.4 in C major (Op.19)
15
Agitato mosso, con slancio vigoroso e gran’ passione
[8:05]

16
Andante meditativo
[5:49]

17
Invocando, un poco sostenuto
[5:40]


Five Pieces (Op.110)
18
Prelude (In memory of Samuil Feinberg)
[2:24]

19
A Vague Image (In memory of Alexander Scriabin)
[1:33]

20
Etude (In memory of Sergey Rachmaninov)
[4:44]

21
Fairy Tale (In memory of Nikolai Medtner)
[5:16]

22
Epilogue
[4:21]

Insights (Op.111)
23
[Adagio]
[1:22]

24
Allegro
[3:02]

Total time [59:28]

 

Recording Details

Microphones - Neumann km130
DPA (B & K) 4006
DPA (B & K) 4011
SCHOEPS mk2S
SCHOEPS mk41

All the microphone buffer amplifiers and pre-amplifiers are Polyhymnia International B.V. custom built.

DSD analogue to digital converter - Meitner design by EMM Labs.

Recording, editing and mixing on Pyramix system by Merging Technologies.

Recording Producer - Michael Serebryanyi
Balance Engineer - Erdo Groot
Recording Engineer - Roger de Schot
Editor - Carl Schuurbiers

 

 

 


Victor Bunin plays Taneyev : Prelude in F