VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

2020年のベートーヴェン・イヤーに合わせてロナルド・ブラウティハムがピアノ協奏曲全曲録音をリリース

f:id:VIVASACD:20190905083722j:plain

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集 ロナルド・ブラウティハム ケルン・アカデミー マイケル・アレグザンダー・ウィレンズ

 タワーレコード 

HMV

Amazon

鬼才ブラウティハムの注目の最新盤!
フォルテピアノによるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集の決定盤登場!

SACDハイブリッド盤。鬼才フォルテピアノ奏者ロナルド・ブラウティハムが2020年のベートーヴェン・イヤーに合わせてピアノ協奏曲全曲録音をリリースします! ブラウティハムは2003年から2015年にかけてベートーヴェンのピアノ独奏曲全曲録音を完成させ快活明瞭なアプローチによる演奏で高い評価を得ました。
共演は信頼関係も厚いマイケル・アレグザンダー・ウィレンズ率いるケルン・アカデミーです。当団とはモーツァルトメンデルスゾーンの録音でも丁々発止の演奏を聴かせ注目されております。
使用楽器は作曲された時代のレプリカで、ポール・マクナルティ製作によるフォルテピアノを使用しております。マクナルティ製作の楽器を使用して演奏・録音していることについてブラウティハムは「マクナルティは古い楽器を研究して、それを新しく作り出してくれるという点だけでなく、彼の製作したレプリカを演奏していると、演奏解釈の面でも新しいインスピレーションを得ることができる」と語っており、ブラウティハムがイメージする最善の状態の楽器を使用することで、ごく自然な雰囲気を作り出していることがわかります。
ベートーヴェンのピアノ協奏曲でもブラウティハムとケルン・アカデミーの推進力にあふれた瑞々しい演奏を披露。ここにフォルテピアノ演奏による決定盤が登場しました!(写真c Marco Borggreve)(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集

Disc1(87:56)
1. ピアノ協奏曲第1番ハ長調 Op.15(30:40)
2. ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 Op.19(25:46)
3. ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58(30:30)

Disc2(69:17)
4. ピアノ協奏曲第3番ハ短調 Op.37(32:56)
5. ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op.73『皇帝』(35:32)

ロナルド・ブラウティハム(フォルテピアノ
使用楽器:
アントン・ヴァルター1805年製作のレプリカ。ポール・マクナルティ2012年製作(1,2,4)
コンラート・グラーフ1819年製作のレプリカ。ポール・マクナルティ2007年製作(3,5)
ケルン・アカデミー
マイケル・アレグザンダー・ウィレンズ(指揮)

録音時期:2017年7月(1,4)、2018年7月(2,3,5)
録音場所:ケルン、ドイッチュラントフンク・カンマームジークザール
録音方式:ステレオ(セッション)
SACD Hybrid
CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

 

vivasacd.hatenablog.com

 

ロナルド・ブラウティハムSACD HYBRID:タワーレコード

ロナルド・ブラウティハムSACD:Amazon