VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

小川典子によるサティのピアノ独奏曲全曲録音の第3弾は“ヴェクサシオン”

f:id:VIVASACD:20200508112138j:plain

サティ: ピアノ独奏曲全曲録音第3集「ヴェクサシオン 1-142」 小川典子

タワーレコード

Amazon

HMV icon

BISレーベルを代表する世界的ピアニスト小川典子。2015年の歿後90年を記念して始動したサティのピアノ独奏曲全曲録音。各誌で絶賛された第1弾(KKC5644 / BISSA2215)、第2弾(KKC5719 / BISSA2225)に続く第3弾では「ヴェクサシオン」を収録しました。
19世紀末から20世紀初頭のフランスで活躍したエリック・サティ(1866-1925)。10代のときパリ音楽院で学ぶも馴染めず、自由な発想の芸術家が集うモンマルトルで作曲活動を行いました。1905年には作曲法を学び直すためにスコラカントルムでダンディに師事。作曲家としての知名度が上がるにつれ、ジャン・コクトーピカソといった著名な芸術家たちから注目され親交を深めていきました。やがて独自の世界を作り出し標題の風刺性とともに、何ものにもとらわれない純粋な音楽的感性の奔放な表現を追求していきました。

当ディスクに収録されている「ヴェクサシオン」は1分程度の曲を840回繰り返すとされている奇作。1963年9月、ジョン・ケージらによって初演され、10人のピアニストと2人の助手により夕方18時から演奏を開始し、翌日の午後12時40分まで演奏をし続けたといわれます。当録音では142のヴェクサシオンを収録。この作品でも聴き手の興味をかきたてるサティ独自の世界が広がります。

2018年8月にかけて行われた当録音は現在特任教授を務める東京音楽大学のスタジオでのセッションによる録音です。使用楽器は1890年製エラールピアノで、ちょうどサティがピアノ曲の多くを次々に作曲した同時代の楽器で演奏しました。当時の響きを追求した小川典子渾身の録音です。
(キングインターナショナル)

エリック・サティ:ピアノ独奏曲全集 Vol.3』
【曲目】
エリック・サティ(1866-1925):
ヴェクサシオン1-142

【演奏】
小川典子(ピアノ/エラール1890年)

【録音】
2018年8月、東京音楽大学、Jスタジオ
セッション録音

 

小川典子SACD HYBRID:タワーレコード

小川典子SACD:Amazon

PIANO MUSIC VOL.1エリック・サティ:ピアノ独奏曲全集 Vol.1

Amazon

タワーレコード

Solo Piano Music Vol. 2 (SACD)エリック・サティ: ピアノ独奏曲全集 Vol.2

Amazon

タワーレコード