VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

豊嶋 泰嗣 モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全曲シリーズVol.2

モーツァルト: ヴァイオリン協奏曲 第3番、第4番
豊嶋泰嗣 、 大阪交響楽団 、 林七奈 、 大谷雄一

タワーレコード

Amazon

日本を代表するヴァイオリニスト、ソリストとしてのみならず、コンサートマスター室内楽奏者としても幅広い活動を展開する豊嶋泰嗣。モーツァルト生誕260年に当たる2016年、「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全曲シリーズVol.1(OVCL-00636)」としてヴァイオリン協奏曲 第1・2・5番をライヴレコーディング、2017年7月にリリースし好評を博しました。そしてついに待望のシリーズ完結編となるVol.2が登場します。当盤にはヴァイオリン協奏曲 第3・4番に加えアダージョ、共演者に大阪交響楽団コンサートマスターも務める林七奈を迎えての協奏交響曲とコンチェルトーネを豪華カップリングしました。Vol.1と同様に、豊嶋が自らヴァイオリン、ヴィオラを弾きながら指揮する「弾き振り」をし、大阪交響楽団の好サポートを得ての見事なアンサンブル、豊嶋の明朗で艶やかな美しいモーツァルトの調べをお楽しみください。
オクタヴィア・レコード

【曲目】
モーツァルト
ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調 K.216 ※
ヴァイオリン協奏曲 第4番 ニ長調 K.218
ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョ ホ長調 K.261 ★
2つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネ ハ長調 K.190 ★
協奏交響曲 変ホ長調 K.364 ※

【演奏】
豊嶋 泰嗣 (指揮、ヴァイオリン、ヴィオラ)
林 七奈 (ヴァイオリン)
津末 佐紀子(オーボエ・ソロ)
大谷 雄一(チェロ・ソロ)
大阪交響楽団

【録音】
2017年8月26日 大阪・ザ・シンフォニーホール にてライヴ収録 ※
2019年7月10日 大阪・いずみホールにてライヴ収録 ★

 

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第15番
アルティ弦楽四重奏団

タワーレコード Amazon

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第14番&第16番
アルティ弦楽四重奏団

タワーレコード Amazon