VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

2009年の抱負

あけましておめでとうございます


SACDで素晴らしい音楽を楽しんでいらっしゃると思います。はい、私もです。最近はセロニアス・モンクにはまってます^^

08中盤からSACDのみの購入になり、09年は100%SACDにして少しでもSACDソフトの充実のお手伝いが出来たらな、と思います。
私には何の利益も無いのに何故??やはり、SACDが充実すれば私の楽しみも広がるから。ただそれだけです。
CDの売り上げは年々下がっているようですが、SACDは微増。
消費者の力でメーカーを動かしたいものです。


個人的に拡大を狙っているジャンルは「JAZZ」です。JAZZがクラシック並みに新譜発売される様になるのが理想的です。バックカタログに名盤が多いのと、今後も発売予定の名盤が多いのも強みですね。(それに通常CDとの差が顕著でもあります)
私も本格的にJAZZを聴く様になったのはSACD導入後なのでまだまだ浅いのですが、それまで抱いていた「敷居が高い」「難解」という事はまったくない。というのが感想です。気軽に楽しんでいいと思います。ロック者が感じたJAZZという視点でレヴューしていきたいですね

そして一番愛好者が多いポップ、ロック。やはりユーザー拡大にこのジャンルの充実は欠かせません。ジャズやクラシックと違い、大衆型大量生産大量消費音楽という見方が強いためか「音」への拘りがミュージシャン、エンジニア、メーカー、とどれも薄いため「SACD化する意味が薄い」という苦々しい思いもあります・・・が、新録などでその流れに逆らう動きもあります。これを最大限に支持したいですね。
個人的にはフォーク。陽水、拓郎をもっと出して欲しいのはもちろん、かぐや姫、風、などの復刻、さらに新譜もぜひともお願いしたいものです。あとは松山千春沢田研二ゴダイゴ、などもSACDにしてもらいたい、する価値はある。売れ線ですとサザンはね、ビクターなんで無理です・・中島美嘉なんてソニー系列ですので可能なはずですが・・
洋楽ロックはやはりプログレに期待ですね。ジェネシスSACDが感動的に良かったですのでね。やはりこのジャンルも新録で、DSD録音でアルバムが出てくれば・・と思います

洋邦問わずジャンル問わずで紹介して、それぞれのジャンルが充実していければ、と思ってます。予算の続くかぎり・・・が・頑張ります。。