VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ヴァーヴ60周年記念盤

イメージ 1

ヴァーヴを代表する10枚の名盤を、現在考えうる最高の技術でリマスタリングした究極のシリーズ。日本が世界に誇るエンジニアのオノ・セイゲン氏が、ニュージャージーのテープ倉庫に厳重に保管されているオリジナル・マスターテープを現地でデジタル・トランスファー。そのデータを日本に持ち帰り、1-bit/DSDリマスタリング。従来のCDとは一線を画す、至高のアコースティック・サウンドを再現しました。


<シリーズの特長>
1) 1-bit/DSDリマスタリングによる至高のアコースティック・サウンド
2) オリジナルLPを忠実に再現した紙ジャケット仕様
3) オリジナルLPのセンター・レーベルをCD盤面に再現
4) オリジナルLPライナーノーツの日本語訳
5) オノ・セイゲン氏によるリマスタリング一口メモ
シリーズ監修: 岡村 融 制作協力: 鈴木芳久
SACD Hybrid盤(プラケース仕様)各¥3,360(税込)



■ヴァーヴの歴史
 無類のジャズ好きであった創設者のノーマン・グランツが、本格的にレーベルとしての活動を開始したのが、今から60年前の1944年。最初はマーキュリーにディストリビューションを委託していたが、後にクレフ⇒ノーグランと名前を変えてその規模を拡大させていった。
スウィングからビ・バップへ移行する激動のジャズ界において、チャーリー・パーカーオスカー・ピーターソンビリー・ホリデイエラ・フィッツジェラルドなどの大物ミュージシャンと次々と契約を結び、その存在を世に知らしめた。また、自身の主催するコンサート・シリーズJATP(ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック)のライヴ録音や、スタジオでのジャム・セッション、大物ミュージシャンどうしの共演盤など、独自の音楽感でユニークな作品を数多く手掛けた。
1957年には新レーベル、ヴァーヴを立ち上げ、それまでの全カタログを統合しつつ、新録音も一層積極的に手掛けていく。しかし、60年代に入るとMGMに全権利を売却し、グランツはあっさりと身を引いて しまった。

 

 MGMでグランツの後任としてヴァーヴのメイン・プロデューサーに就いたのが、クリー ド・テイラー。クリードは、グランツ時代とは路線を変更し、ボサ・ノヴァイージー・リスニングといった当時最先端のジャズを積極的に制作。ビル・エヴァンスジミー・スミスウェス・モンゴメリーなどのスター・プレイヤーを数多く輩出した。
 中でも、スタン・ゲッツボサ・ノヴァ路線は世界的大ヒットを記録。名実ともに、ヴァーヴは押しも押されぬジャズ界の名門レーベルとしての地位を確立した。

 

 70年代に入ると新録音を休止したものの、80年代中頃に復活。現在はダイアナ・クラールハービー・ハンコックなどの超大物アーティストを多数抱える、ナンバー・ワンのジャズ・レーベルとして君臨中