VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ティファニー  ザ・ニアネス・オブ・ユー

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

1. 月光のいたずら
2. いつか王子様が
3. 恋をしましょう
4. サマータイム
5. ザ・ニアネス・オブ・ユー
6. ペーパー・ムーン
7. バイ・バイ・ブラックバード
8. イット・クッド・ハップン・トゥ・ユー
9. ミスティ
10. ルート66
11. マイ・ファニー・ヴァレンタイン


2006 SACD/CD-HYBRID ステレオ 

08年の3rdアルバム「アメイジング・グレース」は内容・録音共に素晴らしい出来栄えで私のお気に入りのティファニーの06年のデビューアルバム

バックはレイモンド・マクリーン(t sax)海野雅威(p,fender-rhodes)鳥越啓介(b)ジミー・スミス(ds)
プロデューサーはもちろん伊藤”88”八十八。DSDレコーディング

音質の良さは折り紙つきのレーベルだけあって素晴らしい。マニアックになり過ぎない、万人受けする録音だと思いますね。ただCDとでは結構差があるなと思います。CDだとアップテンポな曲がティファニーのハイトーンで耳につく感じがします。それがSACDだとまろやかでスーっと伸びていく感じです。

それと伊藤さんの作るレコードは「しっとり大人のムードな」といった今時ジャズヴォーカルでなく『スイング』感を大事にしていて、ヴォーカルだけでなく演奏陣も実に熱いのが良い

ティファニーの歌唱、声はやや「若い」なと感じさせはしますね。それでも迫力ある、それでいてキュートな歌唱がポテンシャルを強く感じさせますし、こんな新人いたら飛びつきますよ
難を言うなら全体的にインパクトに欠けるかな。後聴感があっさりしてる感じではあります。聴いてる時はいいのですが「もうちょい」な感じはします

そこを2nd3rdで飛躍するのが凄いのですが、それはまたの講釈で