VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

河村尚子 ~夜想~ショパンの世界

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 7

1. 華麗なる変奏曲 変ロ長調 Op.12
2. 夜想曲 第3番 ロ長調 Op.9-3
3. 夜想曲 第20番 嬰ハ短調「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」(遺作)
4. バラード 第3番 変イ長調 Op.47
5. 即興曲 第2番 嬰ヘ長調 Op.36
6. ワルツ 第2番 変イ長調 Op.34-1「華麗なる円舞曲」
7. 夜想曲 第7番 嬰ハ短調 Op.27-1
8. 夜想曲 第8番 変ニ長調 Op.27-2
9. 舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
10. アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 Op.22

2009 SACD&CDハイブリッド ステレオ


2009VIVA!SACD選出優秀アルバム


すでに地元ドイツ(幼い頃父親の仕事で移り住んだようです)を中心にヨーロッパでは高い評価を得ている河村尚子の日本デビュー盤。通算3作目。SACDは2作目。

発売直後に購入したのですが、雑誌やブログなどで「凄い!」と高評価で売上げも上々。
ならばここは待機してショパン生誕200年の2010年(09年は没後160年)に更に燃料投下しようと目論み、今回取り上げる事にしました。


ジャケは小柄なお嬢さんといったイメージですが、演奏時は「顔弾き」な感情豊かなダイナミックさに溢れる彼女。演目がショパンなのであまり「情熱的」な感情は出てきませんが、一音一音に想いを込めたプレイが目に浮かぶ、魂のこもった演奏。
私はあまりショパンが好きなタイプではないにも関わらず、惹きこまれる。「ショパンもいいな」そんなグッとくるものがありますね。
私が作品を評価する基準は「ライヴで聴いてみたい」「他のアルバムも聴いてみたい」そう思うかどうかです。クラシックであれジャズであれ、何であれ「心を揺り動かされる」もの。元がロック野郎ですから、そういった理屈抜きの感情を大切にしてます。このアルバムは満点と言えるでしょう。
そして聴き終わると「ショパン好きになったな」そう思わせてくれる。どの曲がというよりアルバムトータルで楽しめる。選曲、曲順もよく練られているのではないでしょうか。


再生ボタンを押して・・一音・・目の覚める様な鮮度の良い音が飛び出してくる。
ベルリン、ダーレム、イエス・キリスト教会でのDSD録音。ピアノの響き、教会の響き、空気、感情、タッチまで全部詰め込んだDSDの実力を発揮したと言える優秀録音盤。
プロデューサー&エディティングはLiving StereoのSACDシリーズ製作にも携わったPhilipp Nedel、レコーディングエンジニアはMichael Brammann。09年のグラミー賞にもノミネートされたb-SHARPチームだ。「鋭敏/機敏に生きろ!」という意味のチーム名がこのアルバムの録音に良く表れている。
ピアノテクニシャンはGerd finkenstein。河村自身が「とても良いコミュニケーションが取れた」と語るように充実した録音現場であった事が容易に想像できる


ステレオオンリーでマルチchは収録されていないのが残念ではあるが、その不満を吹き飛ばす充実の響きがある

ショパンイヤーで様々な大御所から過去の名演再発まで多々ありますが、明日を担う若手のプレイにも是非耳を傾けていただきたい。ショパン好きには必聴作だと思います。
彼女のもっと様々な表情が見てみたい、次はダイナミックな喜怒哀楽を聴かせてもらいたい。期待は膨らむ。もちろんSACDでお願いします


パフォーマンス:★★★★★
音質:★★★★★+++
満足度:★★★★(やはりマルチchでも聴きたかった)
お薦め度:★★★★★+++
総合:94

イメージ 6