VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

鈴木祥子 SWEET SERENITY

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

1. SWEET SERENITY & chocolate milk-tea    

小倉博和 acoustic guitar, slide guitar

2. ELECTRIC FINGERZ    

鈴木祥子 drums, electric guitar
かわいしのぶ bass, backing vocals
木原宙 (ジャック達) electric guitar
稲葉なるひ electric guitar
山本精一 electric guitar solo

3. まだ30代の女    

鈴木祥子 Wurlitzer, acoustic guitar
木下弦二 (東京ローカル・ホンク) guitars, backing vocals
井上文貴 (東京ローカル・ホンク) guitars, backing vocals
新井健太 (東京ローカル・ホンク) bass, backing vocals
田中邦雄 (東京ローカル・ホンク) drums, backing vocals

4. ローズピンクのチーク(my mama said, so)    

鈴木祥子 drums, Fender Rhodes, Wurlitzer
松永孝義 bass
告井延隆 (Sentimental City Romance) pedal steel

5. Father Figure    

山本隆二 acoustic piano, Wurlitzer, Moog, programming
鈴木祥子 acoustic piano, clavinet, drums, glockenspiel
大田譲 (Carnation) bass
山本タカシ electric & acoustic guitar

6. 本当は哀しい関係    

鈴木祥子 acoustic piano, drums, Hammond organ, Wurlitzer,
       harpsichord
武川雅寛 (Moonriders) violin, trumpet, cello
かわいしのぶ bass

7. 逆プロポーズ(仮。)    

鈴木祥子 acoustic piano, Wurlitzer, Hammond organ,
       glockenspiel, tambourine
山本拓夫 clarinet, soprano saxophone

8. 5years, / AND THEN...    

鈴木祥子 acoustic piano

9. SWEET SERENITY&chocolate milk-tea(Reprise)

小倉博和 acoustic guitar,slide guitar





2008 SACD/CD ハイブリッド ステレオ




小泉今日子のヒット曲「優しい雨」の作曲などでも知られるシンガーソングライター、鈴木祥子
SACDでなければ知る事も興味を持つ事もなかったであろう人ですが、ジャンルに拘らず聴いてるとこういう出会いもあるという嬉しい一件。

内容は”アラフォー女性”の悲哀を歌ったものが主で、ここにはまる人には胸にずーんとくるでしょう。若い女性・・10~20代では作れない、歌えない、説得力の無いものになってしまうものだ。
私は男性・・というか”おっさん”なんで”共感”というとややしずらい。。と思うのだが、いやいやどうして世界に引き込まれ胸を打たれる。それは歌詞をメロディに乗せるのが上手いからだろう。ストレートに響いてくるものがある。声もクリアで変なクセはないが個性はある、哀愁感が好みです。
70分を超えるシングルを寄せ集めましたな物でなく、35分強のトータルタイムで、音作りもアルバムとしての統一感があって、ショートフィルム映画の様です。聴き終えた後のなんか切ないキュンとくる感じも好きですね。普段はヴォーカルより演奏を聴くタイプで、演奏が面白くないと全然興味を惹かれないのですが、珍しくヴォーカル主体のアルバムのお気に入りです。

音質はオーディオファイルという類ではないが、おそらくそういう方向性を狙っての物では無いのではないでしょうか。ですがヴォーカルが中央にバシっと定位して、そのヴォーカルが伸びやかでより聴きやすさ、胸への届き易さがあるように感じる。聞くところによると彼女はアナログマニアなんだそうで、現実問題日本のポップシンガーがアナログでリリースするには困難が多いという事もSACDでのリリースと関係があるのではないのかな?と思う。

おそらくこのアルバムを買ったファンの方にSACDユーザーは少ないでしょう。ファンコミュニティーの書き込みにも「早速iopdに入れます!」といった書き込みも目立ちましたしね。ですが、わざわざSACDでリリースしたアーティストの気持ち、メッセージなんかを汲んで欲しいな、と思いますね。


パフォーマンス:★★★★
音質:★★★
お気に入り度:★★★★★
お薦め度:★★★★
総合:89

All songs written, arranged, sung and produced by SYOKO SUZUKI
except “SWEET SERENITY & chocolate milk-tea” additional
arranged by HIROKAZU OGURA,
“Father Figure”arranged by RYUJI YAMAMOTO

recorded at SOUND CREW STUDIO,BE BORN STUDIO &SYOKO'HOME
recorded&mixed by NARUHI INABA
mastered by MITSUKAZU TANAKA at Bernie Grundman MASTERING


THIS ALBUM I DEDICATE TO MY FATHER, JOE MORIKUMA.
I BELIEVE THAT YOU WILL ALWAYS BE MY SIDE.