VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ベルリン・フィルが作った アバドの「メモリアル・アルバム」 アバド最後の客演コンサートが SACD Hybrid 盤でリリース

クラウディオ・アバド ~ ザ・ラスト・コンサート (THE LAST CONCERT / Berliner Philharmoniker | Claudio Abbado) [2SACD Hybrid] [Live Recording] [輸入盤] [日本語帯・解説・歌詞対訳付]

クラウディオ・アバド~ザ・ラスト・コンサート
クラウディオ・アバド~ザ・ラスト・コンサート」
クラウディオ・アバド(指揮) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
DISC1
フェリックス・メンデルスゾーン:劇音楽『夏の夜の夢』(抜粋)(40’11)
1. 序曲
2. 第1番: スケルツォ
3. 第3番: 合唱付の歌「舌先さけたまだら蛇」
4. 第5番: 間奏曲
5. 第7番: 夜想曲
6. 第9番: 結婚行進曲
7. 第13番: 終曲「わずかな光」
デボラ・ヨーク(ソプラノ) ステラ・ドゥフェクシス(メゾソプラノ
コンスタニア・グルツィ(合唱指揮) バイエルン放送合唱団女声団員
DISC2
ベルリオーズ幻想交響曲(55’46)
1. 第1楽章: 夢と情熱
2. 第2楽章: 舞踏会
3. 第3楽章: 野の風景
4. 第4楽章: 断頭台への行進
5. 第5楽章: ワルプルギスの夜の夢
収録:2013年5月18、19、21日、ベルリン・フィルハーモニー(ライヴ)
録音:24bit/48kHz




ベルリン・フィル・レコーディングスが、クラウディオ・アバドの三回忌を記念して発売した、「クラウディオ・アバド~ザ・ラスト・コンサート」がSACD Hybrid盤となって登場します。これは、2013年5月にアバドベルリン・フィルに最後に客演した際の演奏を収めたもので、メンデルスゾーン真夏の夜の夢》(序曲および6曲)およびベルリオーズ幻想交響曲」が収録されています。
当ディスクのコンセプトは、ベルリン・フィル団員のアバドへの思い出が詰まった「アルバム」。このSACD Hybrid盤の装丁も、格調高い赤の布張りハードカバーで、ブックレットにはプライベートを含む様々な写真が散りばめられています。その多くが、これまでに非公開だったもの。当時の楽団員や、共演のポリーニバレンボイムブレンデルらとのリハーサル風景。またサッカーや卓球を楽しむ姿などファンならずとも嬉しい写真が満載です。
★「アバドは妖精の世界を見ることができる」と評された演奏はもちろんのこと、総じてベルリン・フィルアバドの思い出が、凝縮されており、「アルバム」の名に相応しい内容となっています。アバド・ファン、アバド時代のベルリン・フィルに関心を持つリスナーには、絶対に見逃せないタイトルと言えるでしょう。