VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

近頃聴いてるSACD バッハのチェンバロ作品

近頃はJ.S.バッハチェンバロ作品ばかり聴いております

最近届いた

イメージ 1 イギリス組曲 オリガ・マルティノヴァ

ロシアのチェンバロ奏者による「イギリス組曲」。私はバッハを、チェンバロを、この曲を語れるほど造詣が深くないのですが、チェンバロでこの表現力、高揚感は凄い。PENTATONE、RCO、またP・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィルの作品でお馴染みのポリヒムニアによる一級品のDSD録音の良さもある。全てのアルバムをDSD録音SACD HYBRIDリリースでいずれも音楽性豊かな作品ばかりだったロシアのレーベルCARO MITIS。復活して欲しい・・

イメージ 2 チェンバロ協奏曲集Vol.3~2台のチェンバロのための協奏曲集
ピエール・アンタイ アーポ・ハッキネン ヘルシンキバロック・オーケストラ

レオンハルトの系譜を継ぐ師弟の共演。スっと自分の中に入ってくる演奏。直感的にやった!当たりだ!と思いました。じっくり聴いて、また鈴木雅明、優人親子による同曲アルバムも注文済み(他と同梱のため3月くらいになりそう)なので、聴き比べが楽しみ。
チェンバロ作品にハマると、チェンバロ、オルガン、バロック音楽を主とするレーベルAeolusに良さげが沢山あって、これまた金脈掘り起しになります

イメージ 3  チェンバロ協奏曲集Vol.1
ファビオ・ボニッツォーニ ラ・リゾナンツァ

演奏、録音、共に優れたアルバム。とても良い・・なのですが・・どこか入り込めない自分がいます。
録音は解像度が高く、↑のAeolus盤より受けるであろうし、演奏もスマートさを感じて大変良いものですが、どうも私のハートを揺さぶりません。。私の趣味の問題と経験値の低さ故かも知れません。再度聴きます

イメージ 4 「音楽の捧げもの」「14のカノン」他

これは以前から所有していたもので、それほど熱心に聴き込んだわけではなかったのですが・・よりチェンバロの魅力に惹かれてから聴くと、より良さを感じます。さすが「約束されたハイクオリティ」(以前このブログで使用したバッハ・コレギウム・ジャパン関連の作品へのキャッチフレーズ。気に入ってます)。チェンバロもさることながら、私は寺神戸亮氏の演奏がやはり好きだなと思います


イメージ 5 ヴァイオリン・ソナタ集(オブリガートチェンバロとヴァイオリンのためのソナタ集)

現在トップクラスの人気アーティストがSACDで、しかも2018年作品が聴けるのが嬉しい限り。シングルレイヤーで高めですが、CD2枚組が1枚になって、価格が抑え気味なのも。いつもの「スリーピングビューティー」からヤコブ・シュタイナーに持ち替えての演奏で、非常に美しい音色。チェンバロベザイデンホウトは初めて聴くのですが、ヴァイオリンと対等に渡り合う絶妙のバランス。
SACDでは同曲は
イメージ 6 世界的名手エーリヒ・へーバルトとアーポ・ハッキネンとの録音があります。

これも気になります。



現在注文中到着待ちバッハ作品


イメージ 8 ミサ曲ロ短調

ボブ・ファン・アスペレン

イメージ 10 2台のチェンバロのための協奏曲集

イメージ 11 無伴奏チェロ組曲(ヴァイオリン版)
レイチェル・ポッジャー

気になるバッハ作品

イメージ 12 ユニーク・クラシカル・ギター・コレクション
ストックホルム・ギター・カルテット

イメージ 13 ギター編曲作品集Vol.2
イスモ・エスケリネン

イメージ 14 ギター編曲作品集Vol.1
イスモ・エスケリネン