VIVA!SACD

VIVA!SACD

It's time that you took your music to the next level.

ハイティンク90歳記念!ロンドン響がピリスと共演したベートーヴェンの“ピアノ協奏曲第2番”をリリース

 
1929年生まれの巨匠ハイティンクは今年3月で90歳になります。これを祝って、ロンドン交響楽団は2013年のピリスとのとっておきの名演をリリースします。
演目はベートーヴェンピアノ協奏曲第2番。この音源は配信では既に紹介されていましたが、このたびディスク初登場となります。
当時の演奏会評でも「望みうる最高スタンダードの演奏」「ピリスの演奏は直接的で自信に満ちており、ハイティンクの指揮によってそれはより高められている」と絶賛された演奏です。
カップリングの三重協奏曲は2005年の録音で、ベートーヴェンの全集にも収められているものと同じ演奏となります。
(キングインターナショナル)
【曲目】
1.ベートーヴェンピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 Op.19
2.ベートーヴェン:三重協奏曲 ハ長調 Op.56

【演奏】
ベルナルト・ハイティンク(指揮)
ロンドン交響楽団

マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)[1]
ラルス・フォークト(ピアノ)[2]
ゴルダンニコリッチ(ヴァイオリン)[2]
ティム・ヒュー(チェロ)[2]

【録音】
2013年2月[1]、2005年[2]
DSD recording
Recorded live 17 & 21 February 2013 (Piano Concerto No. 2; 16-17 November 2005 (Leonore Overture No. 2) and 26-27 November 2005 (Triple Concerto) at the Barbican Hall, London, United Kingdom, DSD 64fs

Producer: James Mallinson
Recording, editing and mastering facilities: Classic Sound Ltd
Re-mastering engineer: Jonathan Stokes (Classic Sound Ltd)
Recording engineer: Chris Roberts (Piano Concerto No. 2) (Classic Sound Ltd)
Balance engineer: Andrew Halifax (Classic Sound Ltd) (Piano Concerto No. 2)
Balance and mixing engineers: Jonathan Stokes and Neil Hutchinson (Classic Sound Ltd) (Triple Concerto & Leonore Overture No. 2)
Audio editing: Ian Watson and Jenni Whiteside (Classic Sound Ltd) (Triple Concerto & Leonore Overture No. 2); Neil Hutchinson and Jonathan Stokes (Piano Concerto No. 2)

イメージ 2ショパン:ピアノ協奏曲第1番、2番
 
 
イメージ 4モーツァルト:ピアノ・ソナタ