VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ハイティンク90歳記念!ロンドン響がピリスと共演したベートーヴェンの“ピアノ協奏曲第2番”をリリース

 
1929年生まれの巨匠ハイティンクは今年3月で90歳になります。これを祝って、ロンドン交響楽団は2013年のピリスとのとっておきの名演をリリースします。
演目はベートーヴェンピアノ協奏曲第2番。この音源は配信では既に紹介されていましたが、このたびディスク初登場となります。
当時の演奏会評でも「望みうる最高スタンダードの演奏」「ピリスの演奏は直接的で自信に満ちており、ハイティンクの指揮によってそれはより高められている」と絶賛された演奏です。
カップリングの三重協奏曲は2005年の録音で、ベートーヴェンの全集にも収められているものと同じ演奏となります。
(キングインターナショナル)
【曲目】
1.ベートーヴェンピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 Op.19
2.ベートーヴェン:三重協奏曲 ハ長調 Op.56

【演奏】
ベルナルト・ハイティンク(指揮)
ロンドン交響楽団

マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)[1]
ラルス・フォークト(ピアノ)[2]
ゴルダンニコリッチ(ヴァイオリン)[2]
ティム・ヒュー(チェロ)[2]

【録音】
2013年2月[1]、2005年[2]
DSD recording
Recorded live 17 & 21 February 2013 (Piano Concerto No. 2; 16-17 November 2005 (Leonore Overture No. 2) and 26-27 November 2005 (Triple Concerto) at the Barbican Hall, London, United Kingdom, DSD 64fs

Producer: James Mallinson
Recording, editing and mastering facilities: Classic Sound Ltd
Re-mastering engineer: Jonathan Stokes (Classic Sound Ltd)
Recording engineer: Chris Roberts (Piano Concerto No. 2) (Classic Sound Ltd)
Balance engineer: Andrew Halifax (Classic Sound Ltd) (Piano Concerto No. 2)
Balance and mixing engineers: Jonathan Stokes and Neil Hutchinson (Classic Sound Ltd) (Triple Concerto & Leonore Overture No. 2)
Audio editing: Ian Watson and Jenni Whiteside (Classic Sound Ltd) (Triple Concerto & Leonore Overture No. 2); Neil Hutchinson and Jonathan Stokes (Piano Concerto No. 2)

イメージ 2ショパン:ピアノ協奏曲第1番、2番
 
 
イメージ 4モーツァルト:ピアノ・ソナタ