VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

山田和樹&スイス・ロマンド管の新録音はサン=サーンス“交響曲第3番「オルガン付き」”を含むオルガンを伴うフランス音楽集!

Saint-Saens/Poulenc/.. -S

サン=サーンス交響曲第3番「オルガン付き」、プーランク:オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲
山田和樹 スイス・ロマンド管弦楽団 クリストファー・ヤコブソン
PENTATONE
国内外で躍進を続ける希代の指揮者山田和樹が名門スイス・ロマンド管弦楽団を振った期待の新譜は、オルガニスト、クリストファー・ジェイコブソンを迎えてのフレンチ作品集で、サン=サーンス交響曲第3番「オルガン付き」とプーランクのオルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲を収録しました!

世界の主要オーケストラに客演を重ね、国内のオーケストラや合唱団とも多く共演、各地で高い人気を獲得している若きマエストロ山田和樹は2016年よりモンテカルロフィルハーモニー管弦楽団音楽監督兼芸術監督に就任。また2012年から現在に至るまでスイス・ロマンド管弦楽団の首席客演指揮者を務め、PENTATONE レーベルから当団との録音のリリースを続けております。

サン=サーンス交響曲第3番「オルガン付き」はサン=サーンスの魅力が凝縮された名作。繊細にして華麗なオーケストラと荘厳なパイプオルガンの響きが溶け合い、壮大な音楽を展開します。この豊かな旋律を山田和樹率いるスイス・ロマンド管弦楽団がこの上なく美しく響かせます。

プーランクのオルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲はレクイエムの作曲家として知られる名オルガニストのモーリス・デュリュフレ(1902-1986)が初演をつとめたことでも知られる作品。独奏オルガン、ティンパニ、弦楽五部による編成で、オルガンの多様な音色に加えてティンパニが非常に効果的にあらわれます。プーランクらしさも堪能することができるおしゃれで魅力的な作品です。

そして、最後に収録されたシャルル=マリー・ヴィドール(1844-1937)のオルガン交響曲第5番より第5楽章「トッカータ」も要注目です!ヴィドールは名オルガンビルダーのカヴァイエ=コル(1811-1899)の推薦によりわずか25歳でサン=シュルピス教会の正オルガニストに就任した逸材。作曲者としても活躍し、オルガン作品のほか、歌劇、協奏曲なども作曲し、オルガン交響曲は10曲をのこしました。交響曲といってもオルガン独奏のための作品です。ここに収録された第5番の終楽章「トッカータ」は単独で演奏されることも多い名曲で、荘厳なパイプオルガンの音色を楽しむことができる無窮動の難曲。デューク大学の教会オルガニストをつとめ、PENTATONEレーベルからもリリースしているクリストファー・ジェイコブソンの明確な演奏も光り輝いております。
演奏はもちろんのこと、PENTATONEレーベルの録音を担当しているポリヒムニア・インターナショナルの技術チームによる優秀録音であることも注目です!
(キングインターナショナル)
【曲目】
1.サン=サーンス(1835-1921):交響曲第3番 ハ短調 Op.78「オルガン付き」(1886)
2.プーランク(1899-1963):オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲 ト短調 FP.93(1938)
3.ウィドール(1844-1937):トッカータ~オルガン交響曲第5番 ヘ短調 Op.42-1(1879)より

【演奏】
クリストファー・ジェイコブソン(オルガン)
山田和樹(指揮)[1,2]
スイス・ロマンド管弦楽団[1,2]
 
【録音】
2017年8月、ヴィクトリア・ホール(ジュネーヴ)[DSDセッション録音]

エグゼクティヴ・プロデューサー&レコーディング・プロデューサー:ヨブ・マールセ
バランス・エンジニア&エディティング エルド・グルート
レコーディング・エンジニア:ジャン=マリー・ヘイセン

 

 
プロデューサーのヨブ・マールセ(ジョブ・マルセ?)とエルド・グロート、ジャン=マリーの黄金トリオ

イメージ 2
Jean-Marie Geijsen ジャン=マリー・ヘイセン

イメージ 3
Erdo Groot エルド・グロート