VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ベートーヴェン生誕250周年。9つのオーケストラを振り分けて話題となったクーベリックの名盤をSACD化

f:id:VIVASACD:20200310161312j:plain

ベートーヴェン:交響曲全集 [SACD[SHM仕様]]<生産限定盤> ラファエル・クーベリック

タワーレコード

Amazon

HMV icon

ベートーヴェンの9曲の交響曲を、それぞれ別のオーケストラを指揮して録音したことで話題になったクーベリックベートーヴェン交響曲全集をSA-CD化。4-6番は2004年にハイブリッド盤でリリースされていましたが、今回は全曲を独Emil Berliner Studiosで新たにリマスタリング。9つのオーケストラのそれぞれの音色の違いに加え、録音会場の響きの違いなどもより一層鮮やかに聴きとることができます。CDでは5枚組のところ、SA-CDの長時間収録を最大限に生かし、4枚のディスクに収録。ベートーヴェン・イヤーにふさわしい復刻と言えるでしょう。オリジナル・マスターから独Emil Berliner Studiosで2020年に制作したDSDマスターを使用しています。

【録音年】
1974年6月(1)、1974年2月(2)、1975年9月(3)、1971年10月(4)、1973年11月(5)、1973年1月(6)、1974年9月(7)、1975年3月(8)、1975年1月(9)
【録音場所】
ロンドン ブレント・タウン・ホール(1)、アムステルダム コンセルトヘボウ大ホール(2)、ミュンヘン ヘルクレスザール(3)、ベルリン イエス・キリスト教会(4)、ボストン シンフォニー・ホール(5)、パリ サル・ワグラム(6)、ウィーン ムジークフェラインザール(7)、クリーヴランド セヴェランス・ホール(8)、ミュンヘン ヘルクレスザール(9)
【指揮者】
ラファエル・クーベリック
【演奏者】
ヘレン・ドナート(ソプラノ)テレサ・ベルガンサ(アルト)ヴィエスワフ・オフマン(テノール)トマス・スチュアート(バス)バイエルン放送合唱団(以上9)
【楽団】
ロンドン交響楽団(1)、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(2)、イスラエルフィルハーモニー管弦楽団(3)、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(4)、ボストン交響楽団(5)、パリ管弦楽団(6)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(7)、クリーヴランド管弦楽団(8)、バイエルン放送交響楽団(9)

SACDシングルレイヤー

 

 

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com