VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

映画「マイルス・デイヴィス クールの誕生」上映記念 マイルス・デイヴィス SACDシングルレイヤー(まだ入手可能盤)特集

f:id:VIVASACD:20201005141712j:plain
 

先日、映画「マイルス・デイヴィス クールの誕生」を観たのですが、いや~カッコいい!痺れました。2時間でマイルスの生涯を、となるとさすがに端折る所が多いとは言え、貴重な証言があり、見応えのある内容でした。単館上映としては異例のヒットだとかで、今後も上映館が増えそうですね。なのでネタバレは止めときます。

上映情報は公式サイトを↓

www.universal-music.co.jp

Birth Of The Cool Mug タワーレコード

映画館で買ったマグカップで毎朝コーヒーを飲むのが日課(笑)タワレコにもあったので是非。Birth Of The Coolグッズ、他にもありますね

Birth Of The Cool タワーレコード

 

さて、このブログはSACD専門

「マイルスをSACDで聴け」というわけで

今回取り上げるのはSONYから2000年前後に出たシングルレイヤー盤。

07年のHYBRID盤、15年あたりからのMofi盤、またいくつかAPOからもリリースされてますが」、オーディオ環境や好みの違いはあるとは思いますが、シングルレイヤー盤は持っておくべきかと。そろそろ入手困難な盤が増えてきているので、お早めにと。

APOは入手困難、Mofiもそろそろ入手困難かと(高騰してる盤あり)。近年のマルチエディションはおススメですが、07年のは・・だったらシングルレイヤー盤を買うべき。

今現在、新品在庫がある物をご紹介。在庫わずかな物もあり、おそらく再プレスも無さそうなのでお早めに

 

カインド・オブ・ブルー+1カインド・オブ・ブルー +1

Amazon

タワーレコード

実は映画の公開前に特集するつもりでしたが、なんとこの名盤がAmazonタワレコで在庫無し。SONY公式もソールドアウト・・でしたが、再プレスされた模様で在庫復活。さすがにこの盤売り切れですじゃ特集にならない

マイ・ファニー・ヴァレンタインマイ・ファニー・ヴァレンタイン

Amazon

タワーレコード

ネフェルティティネフェルティティ

Amazon

タワーレコード

スケッチ・オブ・スペイン+3スケッチ・オブ・スペイン+3

Amazon

タワーレコード

E.S.P.E.S.P.

Amazon

 

マイルス・スマイルズマイルス・スマイルズ

Amazon

タワーレコード

ビッチェズ・ブリュー+1ビッチェズ・ブリュー+1

Amazon

 

ライヴ・イヴルライヴ・イヴル

Amazon

タワーレコード

フォー&モアフォー&モア

 Amazon

 タワーレコード

ユア・アンダー・アレストユア・アンダー・アレスト

Amazon

タワーレコード

ブラックホークのマイルス・デイビス Vol.2ブラックホークマイルス・デイビス Vol.2

Amazon

タワーレコード

 

 

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

  

 

>「マイルスをSACDで聴け!」。CDではいけないのか?まったくそんなことはありません。同じ音楽です。どう例えたら判りやすいでしょうか? 行きつけの寿司屋で目の前にポンと置かれた握りたての寿司を1~4秒以内に口に運ぶのと、友人とビール飲みながら話に夢中になっていて5分たってしまった。あるいは回転寿司で10周くらい廻った皿でも消費期限時間内なら同じく寿司です。その差とは「たったそれだけなの!?」とも「それは大変!」とも捉えられるのです。どちらでしょう?個人の価値観の違いです。味はどうでもいいからお腹いっぱい食べられれば幸せな人。どこかに「個人の歴史」と「記憶」のはなしがありましたが、味覚も聴覚も個人の経験値なのです。音や音楽はどうでもいい人。どうでもいい人は、マイルスなんか聴かなくていいんです。人生の時間の無駄です。だからできるなら、とりわけ初めてこれを聴く子供たちにこそ「マイルスをSACDで聴け!」なのです。「ソー・ホワット」のイントロのピアノ、ベースからリズムが刻まれ、キャノンボール・アダレイコルトレーン、そしてマイルスが、プファー、プファとリフが入ったところでもう鳥肌です。SACDでは演奏のディテイルが全部、聞き取れます。みなさまそれぞれに熱い想いがあると思いますので、あえて私ごときがマイルスについてこれ以上は述べられません。JT (オノ セイゲン)