VIVA!SACD

VIVA!SACD

It's time that you took your music to the next level.

デンマークの作曲家によって書かれた「ロマンス」をヴァイオリニスト、クリスティーナ・オストランが奏でる DACAPO RECORDS

ロマンス Romance
クリスティーナ・オストラン 、 ユッカ・イーサッキラ 、 トゥルク・フィルハーモニー管弦楽団

タワーレコード

HMV icon

Amazon

youtu.be

19世紀後半から20世紀初頭にデンマークの作曲家によって書かれた「ロマンス」を集めたアルバム。未出版などの理由でほとんど知られていない曲ばかりですが、どれも北欧の民謡を思わせる美しい旋律をヴァイオリンがロマンティックに歌い上げていて印象的です。デンマーク国立図書館が所蔵していた楽譜などを発掘し、世界初録音を4曲含んでいます。
 演奏はデンマーク出身の女性ヴァイオリニスト、クリスティーナ・オストラン。4歳よりスズキメソードでヴァイオリンを学び、24歳の若さでデンマーク国立交響楽団のリーダーに就任、現在もその地位で活躍を続けるほか、夫でピアニスト、パー・サロとの室内楽の演奏でも広く知られています。(輸入元情報)

【収録情報】
1. オットー・マリング[1848-1915]:幻想的協奏曲 Op.20 (1885)
2. P.E.ランゲ=ミュラー[1850-1926]:ロマンス Op.63 (1899)
3. ルドルフ・ニールセン[1876-1939]:ロマンス Op.20 (1908)
4. L.ニールセン: 子守歌 Op.9 (1905)
5. アウゴスト・エナ[1859-1939]:ロマンス (1898)
6. エナ: 舟歌 (1898)
7. カール・ニールセン[1864-1931]:幻想的小品 Op.2~第1曲『ロマンス』 (1889)
8. ルイ・グラス[1864-1936]:ヴァイオリン・ソナタ第2番 Op.29~第2楽章『ロマンス』 (1904)~ジット編 ヴァイオリンとオーケストラ版
9. ニルス・W・ゲーゼ[1817-1890]:カプリッチョ (1878)~ライネッケ編 ヴァイオリンとオーケストラ版
10. ヨハン・スヴェンセン[1840-1911]:ロマンス Op.26 (1881)

 クリスティーナ・オストラン(ヴァイオリン)
 トゥルク・フィルハーモニー管弦楽団
 ユッカ・イーサッキラ(指揮)

 録音時期:2019年10月14-16日
 録音場所:フィンランド、トゥルク・コンサート・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 世界初録音(5-8)

Christina Åstrand, violin
Turku Philharmonic Orchestra
Jukka Iisakkila, conductor

Recording producer: Sean Lewis
Engineering: Sean Lewis
Editing and mix: Sean Lewis
SACD mastering: Ragnheiður Jónsdóttir