VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

ライナー・ホーネック、紀尾井ホール室内管弦楽団 古き良きヨーロッパの香りが漂う充実の1枚

ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲第14番(弦楽合奏版)、モーツァルト: セレナータ・ノットゥルナ K.239
ライナー・ホーネック 、 紀尾井ホール室内管弦楽団

タワーレコード

Amazon

長年ウィーン・フィルコンサートマスターを務め、指揮者としても名を馳せるライナー・ホーネック。2017年より首席指揮者を務めている紀尾井ホール室内管弦楽団の前身、紀尾井シンフォニエッタ東京との定期演奏会で披露されたモーツァルトベートーヴェンの秘曲。モーツァルトの2曲のロンドではソリストとして弾きぶりを、ベートーヴェン弦楽四重奏曲第14番ではホーネック・オリジナル編曲による弦楽合奏版での演奏を収録。室内オーケストラでありながらも重厚で密度の濃い豊かな音色がより一層作品を際立たせ、活動初期から評価の高い見事なアンサンブルを聴かせています。古き良きヨーロッパの香りが漂う充実の1枚、お楽しみください。
オクタヴィア・レコード

【曲目】
モーツァルト:
セレナード 第6番 ニ長調 K.239「セレナータ・ノットゥルナ」※
ヴァイオリンと管弦楽のためのロンド 変ロ長調 K.269(261a)
ヴァイオリンと管弦楽のためのロンド ハ長調 K.373

ベートーヴェン:
弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ短調 作品131(弦楽合奏版)

【演奏】
ライナー・ホーネック(ヴァイオリン※、コンサートマスター)
玉井菜採(ヴァイオリン※)
市坪俊彦(ヴィオラ※)
池松宏(コントラバス※)
紀尾井ホール室内管弦楽団

【録音】
2011年9月16-17日
2019年4月5-6日(※)
東京・紀尾井ホールにてライヴ収録

 

amzn.to