VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ブルックナー5番の超快速演奏!ネーメ・ヤルヴィ&ハーグ・レジデンティ管

最近はパーヴォ
イメージ 1


もクリスチャン
イメージ 2


も大活躍のヤルヴィ一家ですが、レパートリーの広さ、演奏の迫力、膨大な録音量等、父親ネーメ
イメージ 3


の存在感はまだまだ圧倒的。
 特にオーケストラが大編成となる作品における手腕の見事さはさすがで、これまでにも数々の素晴らしい演奏を聴かせてきましたが、ブルックナーに関してはまだ第8番しか録音していなかったので、今回の第5番の登場はファンには大いに歓迎されるところです。
 ヤルヴィといえば、師ムラヴィンスキー譲りの巧みなオーケストラ・コントロールがまず注目されるところで、入念なリハーサルの果てにもたらされるその「鳴りの良さ」が、多くの爆演ファンの信頼を得てきました。
 今回登場する交響曲第5番は、よく鳴るブルックナー作品の中でも特に鳴りっぷりの良い作品として知られており、第4楽章コーダの金管処理などヤルヴィの解決法への注目も集まるところです。
 驚くのはその演奏時間。トラック表記値でトータル61分49秒というタイミングは、カットのある改訂版を除くと、これまでのブルックナー5番の最速値となります。速くて鳴りが良い演奏というと、ヤルヴィを代表する名演でもあるショスタコーヴィチ交響曲第7番『レニングラード』を思い起こさせるので、今回のブルックナーへの期待も大いに高まるところです。
 オーケストラのハーグ・レジデンティ管弦楽団は、オランダの政治的中心地であるハーグに1904年に設立されたオーケストラ。オッテルロー、ライトナー、フォンク、スヴェトラーノフ、ズヴェーデンといった歴代の首席指揮者に続いて、2005年からはヤルヴィが首席指揮者を務めており、ほぼ同時期にリリースされるアルプス交響曲のDVDと併せて、ヤルヴィとの共同作業の成果を示す格好のアルバムの登場となりました。

【収録情報】
ブルックナー交響曲第5番変ロ長調 WAB.105 [61:49]
 I. Adagio - Allegro [17:57]
 II. Adagio [11:15]
 III. Scherzo: Molto vivace [12:56]
 IV. Finale: Adagio - Allegro moderato [19:41]
 ハーグ・レジデンティ管弦楽団
 ネーメ・ヤルヴィ(指揮)

 録音時期:2009年9月17日-19日
 録音場所:オランダ、ドクター・アントン・フィリップザール
 録音方式:DSDレコーディング
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

イメージ 4