VIVA!SACD

VIVA!SACD

It's time that you took your music to the next level.

鈴木雅明BCJ新作は《汝の果報を称えよ、祝福されしザクセンよ》

日本が世界に誇るBach Collegium Japan and Masaaki Suzukiの新作は
《汝の果報を称えよ、祝福されしザクセンよ》BWV215と《静かに流れよ、たわむれる波よ》BWV206。
 
特に《汝の果報を称えよ、祝福されしザクセンよ》は、私の妹が生まれた報が入った時にFMラジオから流れてきた曲で、以来父は祝い事がある日はこの曲を流し、勿論私の息子が生まれた日もこの曲で祝ってくれたそうです。
なので、この曲をSACDで聴ける日を待っておりました。

Bach: Secular Cantatas Vol. 8 (SACD)

J.S.Bach: Secular Cantatas Vol.8 『J.S.バッハ:世俗カンタータ第8集』
BCJ世俗カンタータの第8集は、ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世のために書かれた2篇で《汝の果報を称えよ、祝福されしザクセンよ》BWV215と《静かに流れよ、たわむれる波よ》BWV206が収録されました。今回も充実のソリスト陣が魅力のひとつで、澄み切った美しい声が魅力のハナ・ブラシコヴァや実力派バス歌手ロデリック・ウィリアムズなど満を持してのキャスティングです。
《汝の果報を称えよ、祝福されしザクセンよ》は、ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世のライプツィヒ訪問に際して、同地の学生の依頼により書かれた作品です。テクストには当時の政治情勢の反映が見られます。一方、《静かに流れよ、たわむれる波よ》は1734年の侯の誕生日に上演されるべく書かれましたが、侯のライプツィヒ訪問が早まったため、36年に延期され上演された作品です。ポーランドザクセンオーストリアライプツィヒのそれぞれの流れる4河川をヴァイクセル河(バス)、エルベ河(テノール)、ドナウ河(アルト)、プライセ河(ソプラノ)が擬人化されて登場する音楽劇です。
キングインターナショナル
 
【曲目】
(1)カンタータ《汝の果報を称えよ、祝福されしザクセンよ》BWV215
(2)カンタータ《静かに流れよ、たわむれる波よ》BWV206

【演奏】
鈴木雅明(指揮) バッハ・コレギウム・ジャパン
ハナ・ブラシコヴァ(ソプラノ)、青木洋也(アルト)、チャールズ・ダニエルズ(テノール)、ロデリック・ウィリアムズ(バス)

【録音】
セッション録音:2016年2月/彩の国さいたま芸術劇場