VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

アコースティック・ウェザー・リポート:クリヤ・マコト/納浩一/則竹裕之

アコースティック・ウェザー・リポート(SACD HYBRID)

Acoustic Weather Report

[収録曲]
01. キャノン・ボール
02. エレガント・ピープル
03. ハヴォナ
04. お前のしるし
05. パラディウム
06. ティーン・タウン
07. ヤング・アンド・ファイン
08. バードランド
09. VIEW THE WORLD
 
 
正直ウェザーリポートはあまり好みでは無いため購入を躊躇していたアルバム。しかし「無編集で修正皆無の超絶音響DSDレコーディング」と聞けばSACD推進者、DSDに魅力を感じている者としては聴かねばなるまい!と購入。
アコースティックトリオ、だと大人しい感じかな?な予想に反して音の塊がドカンと襲ってきます。トリオとは思えない音の密度、それでいて詰め込み過ぎではなくシンプルゆえ音の間、余韻が美しい。比較できる程ウェザーリポートを知らないので、単純に良い曲、良い演奏として楽しめます。本家より、硬派な漢のジャズ。しかし、これが修正なしの一発録りなんて信じられないですね。凄いテクニックと3人の呼吸です。曲、テクニック、音、いずれも楽しめるアルバム。個人的にベースの音が大好きですので、CDだとぼやける音の輪郭がSACDだとリアルにズンズンと響き最高です。
 
最後の曲はオリジナル(作曲:クリヤマコト)。これがまた良い曲。こんな素敵な曲なら、次は全編オリジナルアルバムでも良さそうですし、続編、別のバンドのカヴァー、また他のアーティストによる無編集ダイレクトDSD録音によるアルバム・・とシリーズが広がって行ってくれると嬉しい。そのためにもこのアルバムが売れて、評価される事を望む。音楽は、録音芸術は、録音技術は現在進行形なんだと思います。
クリヤマコト氏も参加しているTHREESOME (マリーン、吉田次郎)の新作は同じくダイレクトDSD。このシリーズは無条件で購入したい。
 
SACDDSDの生みの親、SONYからこういうアルバムが出る事に、まだまだSONYのプライドを感じます。
レコーディングエンジニアはお馴染みの鈴木浩二氏。DSD黎明期からDSDに携わってきた氏だけに、抜群の音です。小菅優のベートーヴェン:ピアノソナタ全集も氏によるDSD録音SACDでしたが、所有するSACDの中で一番のピアノの音色でした。やはり継続は力なりです。
 
本アルバムは出来るだけ大きな音で聴いて貰いたい。リアルさが凄いです。近所迷惑が心配になる迫力ですが(笑)
 
2016年6月2日、13日 ソニー・ミュージック・スタジオ(DSD2ch無編集ダイレクト録音)
 
イメージ 2