VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ズナイダーがロンドン響を弾き振り!モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番&第5番

イメージ 1
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲4番、5番 ニコライ・ズナイダー ロンドン交響楽団
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲集
・ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K.218カデンツァ:ニコライ・ズナイダー)
・ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 K.219「トルコ風」(カデンツァ:ニコライ・ズナイダー)
ニコライ・ズナイダー(指揮&ヴァイオリン(‘クライスラー’(グァルネリ・デル・ジェス))
ロンドン交響楽団
録音:2016年12月18日、2017年5月14日、ライヴ(バービカン・ホール) DSD録音

★ニコライ・ズナイダーがロンドン交響楽団を弾き振りして、モーツァルトの協奏曲をリリースするプロジェクトの第1弾。ズナイダーは、1997年エリザベート・コンクールに優勝してから、世界が認めるその美音と高貴な音楽性、そして精確なテクニックで世界的な奏者として活躍しています。近年は指揮者としても世界的に活躍しており、2010年には、ゲルギエフに招かれ、マリインスキー劇場管弦楽団の首席客演指揮者に就任したほか、様々なオーケストラで首席客演指揮者を歴任、客演も重ねています。
★ズナイダーの演奏する名器「クライスラー」の高貴な音色によるモーツァルトカデンツァは、このプロジェクトのためにズナイダー自身が書いたものです。オーケストラもズナイダーの美しく流れる音楽と見事に融け合っています キングインターナショナル   


ズナイダーのSACDはニルセン:ヴァイオリン協奏曲以来です。
イメージ 2カール・ニルセン:協奏曲集 アラン・ギルバート ニューヨーク・フィルハーモニック


LSOの新譜はサイモン・ラトルとのハイドンも公式サイト、Amazonではアップされています

イメージ 3