VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

トルストイも感動したチャイコフスキー弦楽四重奏曲をポーランドの若手アンサンブルが熱演

メッコーレ弦楽四重奏団
 
ドイツのMDGレーベルから、メッコーレ・クァルテット2枚目のSACDです。
 
2007年に設立されたメッコーレ弦楽四重奏団ポーランドの若手メンバーで構成された魅力的なアンサンブルです。今回はチャイコフスキーの作品で、最初に作曲した四重奏曲、有名な六重奏曲『フィレンツェの思い出』、そしてサンクトペテルブルク音楽院学生時代に作曲され、1楽章のみが残された弦楽四重奏曲変ロ長調を録音しました。六重奏曲ではアルバン・ベルク四重奏団からヴィオラのイサベル・カリシウス、チェロのヴァレンティン・エルベンというトップ・クラスの奏者が参加しています。
 舞曲風の箇所、ウクライナ民謡から題材を得ている箇所のある弦楽四重奏曲第1番は、あたかも魔法のように開始直後から瞬く間に聴衆の心を奪います。トルストイは第2楽章で感動のあまり涙を流したということです。(輸入元情報)

【収録情報】
チャイコフスキー
1. 弦楽四重奏曲第1番ニ長調 Op.11
2. 弦楽四重奏曲楽章変ロ長調 Op.post
3. 弦楽六重奏曲『フィレンツェの思い出』 Op.70

 メッコーレ弦楽四重奏団
  Wojciech Koprowski、Aleksandrab Bryla(ヴァイオリン)
  Michal Bryla(ヴィオラ)、Karol Marianowski(チェロ)
 イサベル・カリシウス(ヴィオラ:3)
 ヴァレンティン・エルベン(チェロ:3)

 録音時期:2017年
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND