VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ルトスワフスキ:交響曲第1番、第4番、ヴェネツィアのゲーム ハンヌ・リントゥ&フィンランド放送交響楽団

 

Symphonies Nos.1.. -Sacd-

 
ハンヌ・リントゥ フィンランド放送交響楽団
 
 
 ルトスワフスキは20世紀ポーランドを代表する作曲家の一人。伝統的なスタイルを守りながら、起伏に富んだエネルギッシュな音楽を生涯に渡って書き続けたことで知られています。ハンヌ・リントゥとフィンランド放送交響楽団は、ルトスワフスキの初期、中期、後期からそれぞれ代表的な作品を選んで演奏。初期の重要な作品「交響曲第1番」では新古典派主義の作風が用いられており、ソ連政府より「形式主義的」と糾弾されたこともあります。彼の作風の転換期に書かれた1961年の「ヴェネツィアのゲーム」は奏者たちの自由性を重んじながらも、全体は精密に管理されているという「管理された偶然性」という手法によって書かれた作品。交響曲第4番はめまぐるしく変化する旋律と、洗練された美しい響きを持つ晩年の代表作。リントゥは的確な演奏で作風の違いを際立たせつつ、ルトスワフスキの魅力を描き出しています。
ナクソス・ジャパン 

【曲目】
ルトスワフスキ(1913-1994):交響曲 第1番 他
交響曲 第1番(1947)
1.第1楽章:Allegro giusto
2.第2楽章:Poco adagio
3.第3楽章:Allegretto misterioso
4.第4楽章:Allegro vivace
Jeux venitiens ヴェネツィアのゲーム(1961)
5.第1部
6.第2部
7.第3部
8.第4部
9.交響曲 第4番(1992)

【演奏】
ハンヌ・リントゥ(指揮)
フィンランド放送交響楽団

Recorded 26-27 March 2018 (Symphony No. 1), 28 May 2018 (Jeux venitiens) and 19-21 December 2017 at the Helsinki Music Centre, Helsinki, Finland

Executive producer: Reijo Kiilunen

Recording producer: Laura Heikinheimo

Recording engineers: Anna-Kaisa Kemppi (Yle) (Symphonies Nos. 1 & 4); Jari Rantakaulio (Yle) (Jeux venitiens); Enno Mäemets

Final Mix and SACD mastering: Enno Mäemets, Editroom Oy, Helsinki

This recording was produced with support from the Finnish Music Foundation (MES)

 




 
イメージ 2リンドベルイ:アル・ラルゴ、チェロ協奏曲第2番、エラ
 


イメージ 6リンドベルイ:光陰矢の如し、ヴァイオリン協奏曲
 

イメージ 3マーラー交響曲第1番&花の章
 

イメージ 4シベリウス組曲「レンミンカイネン」、ポホヨラの娘
 

イメージ 5シベリウス交響詩「タピオラ」「エンサガ」、8つの歌曲
タワーレコードCD表記ですが、SACDです