VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

イヴァン・フィッシャー&ブダペスト祝祭管! マーラー最新盤、交響曲第7番!

Symphony No.7 -Sacd-

イヴァン・フィッシャー ブダペスト祝祭管弦楽団
 
ハンガリーの鬼才イヴァン・フィッシャーと、フィッシャーが鍛え上げた奇跡のオーケストラ、ブダペスト祝祭管弦楽団(BFO)。2005年にリリースされた交響曲第6番以来、慎重に録音を進めてきたフィッシャー&BFOによるグスタフ・マーラー交響曲集もついに8作目。最新作は、交響曲第6番『悲劇的』に続けて作曲され、第2楽章、第4楽章の「夜曲」から『夜の歌』の愛称を持つ交響曲第7番がいよいよ登場!
 終楽章の解釈を中心に専門家や愛好家からも評価が分かれ、他の交響曲と比べて演奏・録音機会が少ない交響曲第7番ですが、イヴァン・フィッシャーは「I love this symphony」と語っており、この終楽章が傑作であることを証明するため、オランダの放送局VPROにより、レコーディングのドキュメンタリーも製作されています。
 また、このマーラー・シリーズはオーケストラの優秀録音盤として国際的に高い評価を得ており、前作『交響曲第3番』は、第55回レコード・アカデミー賞において「特別部門録音賞」を受賞しています。オランダの高音質レーベル「Channel Classics」とプロデューサー&レコーディング・エンジニアであるジャレッド・サックスの技術の粋を集めたハイクオリティ・レコーディングにご注目ください。(輸入元情報)
 
【収録情報】
マーラー交響曲第7番ホ短調『夜の歌』

 ブダペスト祝祭管弦楽団
 イヴァン・フィッシャー(指揮)

 録音時期:2015年9月
 録音場所:ブダペスト芸術宮殿
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND
Cables: Van den Hul
Digital Converters: Grimm Audio
Editing Software: Pyramix
Mastering Engineer: Jared Sacks
Microphones: Bruel & Kjaer 4006, Schoeps
Mixing Board: Rens Heijnis, custom design
Producer: Hein Dekker
Recording Engineer: Jared Sacks
Recording location: Palace of Arts, Budapest, September 2015
Recording Type & Bit Rate: DSD 64
Speakers: Audio Lab, Holland


イヴァン・フィッシャーSACD HYBRID:タワーレコード