VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

スウェーデンのリコーダー奏者ダン・ラウリンがホール・バロックとルーマン 『ゴロヴィンの音楽』を録音

Golovin Musiken -Sacd-

ユーハン・ヘルミク・ルーマン:「ゴロヴィン伯爵の祝宴のための音楽」
ダン・ラウリン ホール・バロック
 
SACDハイブリッド盤。ユーハン・ヘルミク・ルーマンは、フレーデリク一世の時代、宮廷の楽士長を務め、スウェーデン音楽の最初の重要な作曲家として歴史に名前を残しました。ストックホルム生まれ。父ユーハンから最初の音楽教育を受け、1711年に宮廷楽団のヴァイオリニストに就任。1715年から1721年までをロンドンで過ごし、ヘンデルのオーケストラでヴァイオリン奏者を務めました。帰国後、副楽士長に就任。スウェーデン音楽の新時代を開いていきました。 『ゴロヴィン伯爵の祝宴のための音楽』は、彼の代表作のひとつ『ドロットニングホルムの音楽』(1744)に先立って作曲された作品です。ロシア公使ゴロヴィン伯爵が、1728年、ピョートル二世のロシア皇帝即位を祝う宴会のためルーマンに作曲を依頼。『ロシア公使ゴロヴィン伯爵主催の祝宴のための音楽』と記された、「アレグロ」と「序曲」に始まり、ジグ、ブレ、メヌエット、ルール、ガヴォットといった舞曲、アリア、シンフォニア、ホーンパイプ、シチリアーノなど45曲の極めてモダンなバロック様式の音楽が作られました。 この作品は、王立音楽アカデミー制作のスウェーデン音楽アンソロジーに22曲の抜粋が収められ、今回、ピリオド楽器アンサンブル「ホール・バロック」とリコーダー奏者ダン・ラウリンにより初めて全曲が録音されます。使われた楽譜は、ルーマンの手稿譜と、イングマル・ベンクトソンとラーシュ・フリデーン校訂編纂の出版譜。楽器指定が確かでないため、宮廷楽団の記録から推定した編成を元に各楽章の性格と全体の姿、そしてホール・バロックの編成を考慮して、リコーダー属とオーボエ・ダ・カッチャなどオーボエ属の楽器、ファゴットコントラバスを加えた弦楽五重奏、チェンバロ、マンドラとバロックギターのアンサンブルにより演奏されます。ホールのショーナルプ教会でのセッション録音。ブックレット裏表紙に、祝宴の行われた伯爵の公邸「Baatska Palatset」が遠景に描かれた18世紀初頭の作とされる絵が使われています。(輸入元情報)

【収録情報】
ルーマン:ゴロヴィン伯爵の祝宴のための音楽 (1728)
ダン・ラウリン(リコーダー、指揮) ホール・バロック
録音時期:2017年11月 録音場所:スウェーデン、ホール、ショーナルプ教会 録音方式:ステレオ(セッション)
制作・録音:ファビアン・フランク

f:id:VIVASACD:20200115121616j:plain

Arcantus Musikproduktion Fabian Frank
SACD Hybrid CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND