VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

TACETからブルックナー:交響曲第9番 アンドラーシュ・ケラー&コンチェルト・ブタペスト

アンドラーシュ・ケラー コンチェルト・ブダペスト
 
ブダペスト祝祭管弦楽団コンサートマスターとして、またケラー四重奏団のヴァイオリニストとして世界的に活躍し、近年では指揮者としても多くの活動を行うアンドラーシュ・ケラー指揮による「TACET」レーベルへの第一弾となるアルバムが登場。作曲家にとって運命的な交響曲の番号である第9番シリーズとして、今後シューベルトドヴォルザークマーラー等の発売を予定しています。
 長年、弦楽四重奏団で活躍してきたケラーは各楽器が持つ音質・音色を室内楽のように繊細に調和させ見通しの良い豊かな響きを生み出し、この孤高の交響曲の世界観を描き出しています。その沸き立つようなハーモニーを「TACET」の録音技術は見事に再現し聴く者に提示してくれています。
 「TACET」レーベルは長く室内楽以下の規模を中心に、演奏された音のより良質な再現に長年努力を重ね、演奏家やレーベルを愛する多くの人々が納得してもらえるようなアルバムを発売し続けてきました。近年のベートーヴェン交響曲全集(ライスキ指揮)、ラヴェル管弦楽作品(リッツィ指揮)等のアルバム発売を通して、「TACET」のアルバム作りがオーケストラ作品の音質再現にも通用するとの自信を深める中、この度名指揮者ケラーとコンチェルト・ブタペストとの運命的な出会いと協力を得て、5日に渡る録音時間から得られた演奏情報を発売致します。
 優れた録音、再生技術に拘る「TACET」レーベルならではの音の情報量が多いSACD(ハイブリッド)アルバムです。(輸入元情報)

【収録情報】
ブルックナー交響曲第9番ニ短調 WAB109

 コンチェルト・ブタペスト
 アンドラーシュ・ケラー(指揮)

 録音時期:2017年9月
 録音場所:ブダペスト、イタリア文化研究所コンサート・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.1 SURROUND