VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

鑑賞感想記 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 キリーヌ・フィールセン2018録音

Bach Cello Suites -Sacd-

J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲 キリーヌ・フィールセン

Amazon

HMV

 

1972年オランダ・アムステルダム生まれのチェリスト、キリーヌ・フィールセン(Quirine Viersen)。父はロイヤルコンセルトヘボウ管のベテラン・チェリスト、イケ・フィールセン。ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院にてハインリヒ・シフに師事し、ロストロポーヴィチ国際コンクール、ヘルシンキ国際チェロ・コンクール、チャイコフスキー国際コンクール等に入賞という経歴。

バッハ無伴奏チェロは2010年の

Complete Suites for Cello So

Complete Suites for Cello So

 

 以来2度目の全曲録音。あいにくこちらはSACD未聴で。欲しい欲しい思ってた時に新録音情報があったので。

010年の録音は長女が誕生してすぐの事で、彼女の新たなスタートであったと言います。しかしその2年後、彼女は双子の娘を出産したそうで、忙殺される中からかチェリストとしての自分に疑問を感じ、再びチェロと向き合うのには、やはりバッハ無伴奏だったそうです。

 

新興レーベルBarcanovaからのリリースで、このレーベルの2枚目の作品。

第一弾の

CAMERATA RCO/BACH GOLDVERG VARIATIONS STRING TRIO

CAMERATA RCO/BACH GOLDVERG VARIATIONS STRING TRIO

 

 と同じく、ジャケット写真には香港のカメラマン、ファン・ホーの作品が使用されています。印象深い素敵な写真です。録音は2018年3月~4月、エンジニアはBert van der Wolf。記載は無いですが、DSDもしくはDXD録音と思われます。

現代バッハ無伴奏の名盤と言えば

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)

 

2004年櫻井卓によるDSD録音、マスタリング杉本一家の鈴木秀美盤。こちらは「悠久」の、まさにバッハの「宇宙」を感じさせる、残響豊かな、そしてバロック・チェロの優しい響きが極上の、SACDユーザーなら必携の1枚ですが

 

キリーヌ・フィールセンの新録音は残響は控えめで「漆黒」 と言える静寂感の中に

キレとコクのあるチェロの音色が響きます。音の消えゆく様が実に美しい、かなりの優秀録音。

演奏は正統派と呼べる折り目正しい、軽やかで聴いていて心地良く、母親という予備情報からか「慈愛」を感じさせる。

使用楽器は以前はアンドレ・ナヴァラが使用していたという1715年製のヨゼフ・グァルネリ・フィリウス・アンドレア(Joseph Guarnerius Filius Andreae)。弓はシフから贈られた物だという。

演奏、録音共に優れた(★5つの満点評価)おススメ盤です。

 

 

 

 ナヴァラのバッハ無伴奏チェロもSACDで。こちらは迫力の「漢」な演奏と録音。

Suites for Violoncello Bwv 1007-1012

Suites for Violoncello Bwv 1007-1012

 

 

 

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp